給与交渉を成功させるために抑えておくべき5つのポイント|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

給与交渉を成功させるために抑えておくべき5つのポイント

給与交渉は転職で収入を増やすためのひとつの方法ですが、どう交渉すれば良いか悩んでしまいます。希望金額、交渉のテクニックなど、給与交渉を成功させる上で抑えておきたい5つのポイントを解説します。

希望金額は上乗せして伝える

必ずしも希望金額に応じてくれるわけではなく、希望よりも少なくなることも想定して希望金額に上乗せしておきます。
希望金額が給与水準を大幅に上回っていると給与交渉に応じてもらいにくくなるため、給与水準をリサーチした上で希望金額を算出しましょう。

過去の実績を示す

自分が持っている実績やスキルがいかに会社にプラスになるかを示します。
企業は実績がない人材に多くの給与を払うリスクは冒したくないと考えるため、具体的な例を提示する必要があります。
会社に貢献する人材であると感じてもらうことができれば採用に進むだけでなく、給与交渉がしやすくなります。

提示された金額に対して沈黙で答える

提示された金額が想定よりも低い場合、沈黙によって昇給を望んでいることを伝えます。
沈黙は心理的なテクニックとして活用されており、相手にプレッシャーを与える効果があります。
沈黙することで企業にプレッシャーを与え、企業側に金額を上げさせるというテクニックです。

金額以外での交渉も視野に入れる

給与面での交渉が難しい場合、有給やボーナス、福利厚生など金額以外での交渉も考えてみましょう。
金額の変更ができないと言われてそこで交渉を終えるのではなく、待遇面での検討を促すことは有効な交渉の手段となります。

給与交渉は駆け引き

給与交渉は企業側との駆け引きであるため、勇気を持って交渉に臨みましょう。
面接での給与交渉はしにくいですが、給与は入社の重要な条件ですし交渉してはいけないわけでもありません。
一次面接の段階では企業の方が強い立場にあるため、二次面接以降、または採用が決まってからの方が交渉しやすくなります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択