転職での待遇交渉を進める上で理解しておくべきポイント|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

転職での待遇交渉を進める上で理解しておくべきポイント

転職の際に交渉できるのは給与だけではありません。転職を成功させるため、待遇を交渉する前に知っておくべき待遇に対する考え方、待遇を交渉する上で抑えておきたいポイントを解説します。

待遇は対価

求められる仕事をこなすだけのスキルがないのに良い待遇を求めても要求が通ることはまずありません。
待遇は仕事に対する対価であるため、どれだけ会社に利益をもたらすかを明示する必要があります。
具体的な実績例を示すなど、仕事の対価として待遇を交渉するのが基本的な考え方です。

エージェントに交渉を代行してもらう

自分で交渉をしづらい場合、エージェントに交渉を代行してもらうのは有効な方法です。
交渉に慣れているエージェントなら交渉を円滑に進められるため、不慣れな交渉で印象を下げてしまうよりあん全員交渉を進めることができます。

勤務地の希望には明確な理由が必要

希望する勤務地について交渉をする場合、「通勤しやすい」といった理由では交渉の余地がないばかりか仕事に対する意識が低いと捉えかねられません。
家庭の事情でどうしても特定の勤務地で働く必要があるなど、勤務地を交渉する場合は明確な理由が必要となります。

入社時期の交渉

勤めながら転職活動を行っていた場合、現在の会社の退社時期と転職先の入社時期を調整する必要があります。
転職先の企業にできるだけ早く入社してもらいたいと言われた場合はすぐ入社できると即答せず、引き継ぎや残務処理にかかる期間、また退社規定の確認してから返答しましょう。
入社時期が遅れてしまうと採用が取り消されることもありますが、転職先の企業も退職までに時間がかかることは承知なのである程度の期間は待ってもらえます。
どうしても入社時期が2~3ヶ月先になってしまう場合、できるだけ早く入社したいという意欲を示し、残業や休日出勤でカバーするなど早めに入社できるよう努めましょう。

交渉で印象を下げないように注意する

待遇交渉はうまくいけば良い条件で転職することができますが、こだわりすぎたり理由が自分本位である場合は印象を下げてしまう恐れがあります。
繰り返しになりますが待遇は仕事の対価であるため、交渉するだけの価値が自分にあるのかを礼制に分析した上で交渉を切り出すかどうかを判断しましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択