ソーシャルメディア(SNS)を転職活動に取り入れる際の注意点|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

ソーシャルメディア(SNS)を転職活動に取り入れる際の注意点

SNSはプライベートな投稿だけでなく、転職活動にも取り入れられています。FacebookやLinkedInといったSNSを転職活動に取り入れる際、注意しておきたいポイントがいくつかあります。転職活動におけるSNSの使い方を間違えないように、注意点を整理してみましょう。

Facebook

Facebookは就活・転職活動に幅広く取り入れられています。
Twitterよりも企業情報が充実しており、写真も掲載されているので社内の雰囲気も知ることができます。
Facebookを転職活動に取り入れる際、個人アカウントではなく、仕事用のアカウントを別に取得する方が良いでしょう。
仕事用のアカウントなら実績やスキルなどを掲載してアピールしやすいですし、公私の区別をつけるためにもアカウントは分けて使用しましょう。

LinkedIn

LinkedIn(リンクトイン)はビジネスイン特化したSNSなので、転職活動に有益に使用することができます。
日本では2011年にサービスを開始したばかりなのでまだそれほど普及していませんが、2億人のユーザーを抱えるグローバルなSNSです。
ビジネスに特化して作られているだけに、転職における自己PRがしやすくなっています。
LinkedInでは気になる業界のニュースをチェックしたり、グループに参加することで情報を交換しあうことができます。
情報収集としても使えるので、転職活動に取り入れる価値はあります。
LinkedInは日本ではまだ普及率が高いないという点がネックですが、これからどんどん普及していく可能性があるSNSです。

アップデートをマメに

SNSではどんどん新しい情報が蓄積されていくため、古い情報が溜まっていきます。
必要のない古い情報は整理し、常に最新の状態になるようアップデートをマメにしておく必要があります。
プロフィール写真は一度アップするとなかなか変えることがないですが、古い写真ではなく直近の写真を使用しましょう。

SNSはブランディングツール

プライベートと仕事用のアカウントを分けることもそうですが、SNSは自分のブランディングに役立つツールであるため、公私を分ける方が良いとされています。
アメリカではSNS経由による採用が広く行われており、SNSは個人のブランディングツールとして活用されています。
SNSを見た企業がどのような印象を持つかを考え、自分自身をブランディングしていくことで転職活動に有益に活用することができます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択