チーム開発でエンジニアに求められるコミュニケーションスキルとは?|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

チーム開発でエンジニアに求められるコミュニケーションスキルとは?

チーム開発にはコミュニケーションが必要だとよく言われます。エンジニアがチーム開発に参加する際に必要なコミュニケーションとはどういうものか?どのようにコミュニケーションをとればよいのか?など、チーム開発を円滑に進めるための事項をまとめました。

コミュニケーションスキルの必要性

エンジニアとしてチーム開発に参加する上で、コミュニケーションスキルは欠かせません。
チーム開発でプログラマとWebデザイナー、コーダーとの間でのコミュニケーションがとれていないと開発が円滑に進まず、お互いへの不満が溜まってしまいます。
開発を円滑に進めるためにコミュニケーションは必要であり、お互いの仕事を理解しあうことで良い仕事ができるようになります。

コミュニケーションは言葉だけでない

言葉によるコミュニケーションももちろん必要ですが、メモで伝達事項を相手に伝えるのも有効なコミュニケーションの手段です。
プログラマならソースに分かりやすいコメントを入れるなど、ソース側にメモを残すこともできます。
こうしたちょっとしたやりとりがあるかないかで開発の質が随分違ってきます。
ただし、メモだけでは見た相手が正しく理解してくれるとは限らないため、最終的な確認には言葉によるコミュニケーションが必要となります。
特に重要な事項を確認する際は、誤解が防ぐために言葉による確認をした方が良いでしょう。

信頼関係を築く

お互いの信頼し合うことで良いチームになっていきます。
信頼関係を築く上でコミュニケーションは欠かせません。
相手に経緯を払い、自分の意見を一方的に伝えるのではなく、相手の意見に耳を傾けて良いプロジェクトになるようお互いが歩み寄る姿勢が必要です。
一方的な会話はコミュニケーションではないので、相手の話を聞く姿勢を忘れないようにしましょう。

曖昧な表現は避ける

曖昧な表現によって伝えたいことが正しく伝わらず、間違った方向に進んでいくと修正に時間を取られてしまいます。
コミュニケーションをとる際は曖昧な表現を避け、お互いが誤解なく理解しあえていることを確認した上で作業を進めなければなりません。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択