▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

IT/Web業界の案件・求人、募集中の仕事情報

(現在掲載中の案件・求人情報 19,374件)
IT/Web業界のエンジニア向け資格・検定

エンジニア向けの資格には、国家資格・民間資格それぞれ様々な資格があります。
この資格特集では、エンジニアに人気の高い資格から就職に有利な資格まで幅広くご紹介します。

民間
資格

ITコーディネータ

難易度 : 受験資格 : 特になし 受験料 : ITC試験     18,900円 ケース研修   21,000万円 ITCの認定登録料 2,000円(各税込)

ITコーディネータとはIT、経営両方の知識を有し経営戦略を実現するためのIT化支援を行う資格者、専門家のことであり、ITコーディネータ試験は経営者のパートナー的な存在としてIT化への投資支援、プロジェクトの進行管理等を行う能力を持っていることを証明するためのものです。
このITコーディネータ試験は他の資格試験とは異なり、単純に試験を受けるだけで無く、ケース研修という六日程度の集合研修とeラーニングを受けることが必要となっています。
これは単にIT関連の知識と経営の知識を習得しているだけで無く、実際にその両者を使いこなせる人材であるかどうかを判断するためであり、資格を更新するタイミングでITコーディネータ協会の研修を受けなければならないのです。
本来なら民間資格であるこのITコーディネータ資格もその重要性から経済産業省推進資格とされています。
この資格を取得した場合、特定の企業の企業内ITコーディネータとして働くこともできますが、そうした企業からは独立した独自にITコーディネータとして営業を開始することも可能です。
こうした独立系ITコーディネータは中小企業基盤整備機構や地域産業振興センターを通じて、独自のITコーディネータを雇用していない中小企業を橋渡しをしてもらえるようになっています。
中小企業側でも、中小企業法によってITコーディネータ派遣費用を負担してもらえたり、政府系金融からの無利子リースなどの税制特例処置を受けながら企業の情報化を進めるというメリットもあります。
試験と研修を受けてITコーディネータになるならば、事前にどのような形態のITコーディネータになるかのビジョンをはっきりさせておきましょう。

試験内容

ITコーディネーターの資格取得は、二つの条件を満たす事が必須となる。
一つはITC試験への合格と、ケース研修の受講。
ITC試験は必須60問、選択40問の選択式で、中小企業診断士などの資格を有している場合、選択問題の解答は免除となる。

申し込み方法

インターネット

オススメ過去問題集

ITコーディネーター資格試験模擬問題集 森口 文生 (著), 草田 浩介 (著), 小山 仁 (監修)

公式サイト・問い合わせ先

http://www.itc.or.jp/
運営機関:ITコーディネータ協会

その他エンジニア系の資格

この資格が活かせる求人・案件