マーケティング・ビジネス実務検定®の合格率や過去問題、申込方法 |
フリーランスエンジニアのIT・WEB業界求人検索・案件情報【A-STAR】

民間資格

マーケティング・ビジネス実務検定®

難易度

受験資格 特になし
受験料 マーケティング・ビジネス実務検定R B級:7,150円(税込) マーケティング・ビジネス実務検定R C級:5,980円(税込) B級・C級併願:13,130円(税込)

マーケティング実務の知識を総合的に判定するための初めての検定試験。 最も採用の間口の広い営業職や販売職にも対応した資格となっています。 マーケティング理論以外、仕事ですぐに役立つトータルなマーケティング実務知識や時事情報・実務時例の習得を目指します。 オペレーションレベルのC級・B級、マネジメントレベルの準A級、戦略レベルのA級と、それぞれのレベルに応じたステップを設け、ステップごとに何が重要な事柄かを理解できるように構成され、対象者の仕事の内容に対応してステップアップした内容となっています。 C級レベルから1つずつステップが上がることで、実際の業務で役立つ知識が確実に身に付いていく仕組み。 マーケティングの学習希望者が多い大学生・短期大学生・専門学校生にも対応。 「マーケティング・ビジネス実務検定R」試験のオフィシャルテキストは、大学等のマーケティング科目の基本テキストとしても使用可能。 マーケティング知識を体系的に学習しやすいよう、検定試験は実際の業務で発生する場面を細かく想定し、A級・準A級・B級・C級のレベルに体系的に分類。 C級、B級とも、IT関連、サービス業、製造業の職種の人が多く受験しています。 年齢的にはC級は20~30代が多いが、B級は40代の人の比率も高くなっています。 男女比は男性60%、女性40%と、男性の比率が少し高くなっています。 検定試験であり資格ではないため認知度がまだ低く、受験人数もまだ少なく試験の難易度はそれほど高くないようで、協会が出しているオフィシャルテキストや過去問で勉強すれば合格する可能性は高いようです。

試験内容

試験は、A級・準A級・B級・C級の4つのレベルで「マーケティング知識」と「マーケティング事例」の2つの分野について出題。 年3回検定試験が実施され、またそれに対応して事前に対策講座を開講。 講座はマーケティングにつき効率的に学習できるオフィシャルテキストと問題集を使用。 同日にB級とC級を併願して受験することも可能。 試験会場は東京・横浜・大阪

申し込み方法

受験要項を熟度のあと、申し込みサイトから受験願書を入力・送信。 受験料を銀行振込のあと、メールもしくは郵送で受験票を受理。

オススメ参考書

ベーシック版テキスト、アドバンス版テキスト

この資格あの人に教えてあげよう!?
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら

案件を探す

検索条件を選択