IMA検定の合格率や過去問題、申込方法 |
フリーランスエンジニアのIT・WEB業界求人検索・案件情報【A-STAR】

民間資格

IMA検定

難易度

受験資格 特になし
受験料 Standardコース  受講、受験料;18,000円(税別) 再受検料(前回試験から1年以内);8,000円(税別) Professionalコース 受講・受検料;25,000円(税別) 再受検料(前回試験から1年以内);8,000円(税別) 一括申し込み 受講・受検料 :(Standard・Professional一括)40,000円(税別) 工学認定書発行料;5,000円(税別)

クラウドマネージメント協会が、数多くの企業のIT戦略をサポートする過程で蓄積したマーケティングノウハウを基に、現場で求められるインターネットマーケティングのスキルを習得するために、独自トレーニング法を完成させたもの。 クラウドマネージメント協会は、先進性の高い印刷会社・広告代理店によりインターネット時代に即した販売促進の技術や商品を共同開発するために形成された全国ネットワークです。 毎年全国で延べ3,000社以上の多様な企業様のインターネット戦略をサポートしています。 IMA検定は、eラーニングによる講義・演習と試験がセットになった独自カリキュラムで、はじめはStandardコースを受検し、Standardコースに合格するとProfessionalコースの受検へとステップアップできます。 無料体験エントリーもできます。 Standardコースでは、ネット集客~アクセス分析~課題抽出の講義トレーニングを行います。 Professionalコースでは、多様な広告配信~成果獲得~レポート作成の講義・添削トレーニングを行います。 試験は各エントリーコースの指定日時に一斉に実施され、自宅・職場で受けられるWEBテスト形式になっています。 試験は定められた日時に自宅・職場で受験でき、資料の閲覧やインターネット検索を行いながら、WEB上の問題を解いていきます。 合格者限定の潜在求人情報を提供し、IMA検定で学んだ実務オペレーションを活かせる全国の職場を紹介してもらえます。

試験内容

インターネットマーケティングの「実務レベル」を認定する制度。 企業内で広告やWEBを担当する人がより実践的なものを目指したり、また転職を考える人向けに、必須のスキル習得を目指します。 受講から受検までeラーニングなので、自宅や職場など都合の良い場所で、都合の良い時間に学習できます。 最初にStandardコースを受検し、Standardコースに合格するとProfessionalコースにステップアップできます。 試験会場は設けず、指定日時に自宅・職場等のインターネット接続環境下で一斉受検し、制限時間内に解答を終了。 受検時は公式テキストやインターネット検索を自由に利用可能。 電卓も持込可能。 他人に答えを聞くという行為は言うまでもなく禁止。 良識ある態度で臨む。

申し込み方法

エントリー受付期間内に受検エントリーフォームから申し込み。 受検エントリー完了後にテストシステムの詳細な受検方法を配布。

オススメ参考書

課題・レポート添削で到達度がチェックできます。 Standardコースは1回、Professionalコースは3回の添削サポートがあります。

この資格あの人に教えてあげよう!?
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら

案件を探す

検索条件を選択