Google AdWords認定資格の合格率や過去問題、申込方法 |
フリーランスエンジニアのIT・WEB業界求人検索・案件情報【A-STAR】

民間資格

Google AdWords認定資格

難易度

受験資格 特になし
受験料 Google Partners プログラムに申し込むと無料

広告掲載の初心者向け試験: AdWords とオンラインでの広告掲載に関する基本的な知識(アカウント管理や検索広告のメリットなど)を問う試験。 検索広告の上級者向け試験: AdWords キャンペーンに関する、中級者から上級者向けの試験。 ディスプレイ広告の上級者向け試験: YouTube や Google ディスプレイ ネットワークでの広告掲載に関する、中級者から上級者向けの試験。 動画広告の上級認定試験: YouTube および Google ディスプレイネットワークの基礎および高度な知識(フォーマット、ターゲットおよびレポートなど)に関する上級認定資格試験。 ・AdWords について ・アカウントの管理 ・キャンペーンと広告グループの管理 ・キーワード ターゲット ・言語と地域によるターゲット ・広告フォーマット ・予算と単価設定 ・測定と最適化 ・成果向上、収益性、成長性 ・複数のアカウントの管理 これらの知識が必要となります。 日ごろからAdwordsを運用していれば、用語やGoogleディスカウンター(実際のCPC)の公式などを抑えておけば、合格はさほど難しくないようですが、日ごろ、Adwordsの管理画面やAdWords Editorに触れたことがない人には、画面遷移や広告・キーワード設定のイメージがわきにくく、かなり難しいみたいです。 認定資格を取得すれば、見込み顧客に対し、特定の分野における顧客の専門知識が、Googleのお墨付きであることをアピールできます。

試験内容

Google 広告のベストプラクティスの知識を問うもの。 試験には 3つのAdWords認定試験と、1つの上級認定試験があります。 広告掲載の初心者向け試験 検索広告の上級者向け試験 ディスプレイ広告の上級者向け試験 さらに 動画広告の上級認定試験があります。 基本試験のほか、2種類の上級試験(「検索広告上級」または「ディスプレイ広告上級」試験)のいずれかに合格する必要があります。 さらに動画広告の上級認定資格を取得するには、AdWords の資格認定を受けてから、動画広告の試験に合格しなければいけません。 広告掲載の初心者向け試験、検索広告の上級者向け試験、ディスプレイ広告の上級者向け試験の制限時間は120分。 動画広告の上級認定試験の制限時間は90分。 一度試験を始めたら、途中でタイマーを止めることはできません。 パソコンをシャットダウンしてもタイマーは止まらないため、途中で中断せずに受験しなければいけません。 接続が切れた場合は、再接続した時点で残ったところから試験を再開できますが、その間もタイマーは止まりません。 合格基準は試験ごとに異なります。 試験に合格しなかった場合、7日後から再受験できます。 試験に合格した後も、一定期間が過ぎたら改めて受験する必要があり、期間はそれぞれの試験で異なります。

申し込み方法

既に Google Partners アカウントを持っている場合、 https://www.google.com/partners から Google Partners にログインし、[認定資格] をクリックすると、認定資格を取得するために、あといくつ試験に合格する必要があるか、などのメッセージが表示されます。 [試験を確認] をクリックし、受験する試験のセクションにカーソルを合わせ、[試験の詳細] をクリックします。 [試験を受ける] をクリックして試験を始めます。

オススメ参考書

試験対策ガイド https://support.google.com/partners/topic/3204437

この資格あの人に教えてあげよう!?
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら

案件を探す

検索条件を選択