Webライター技能士検定の合格率や過去問題、申込方法 |
フリーランスエンジニアのIT・WEB業界求人検索・案件情報【A-STAR】

民間資格

Webライター技能士検定

難易度

受験資格 特になし
受験料 13,500円(税込)

Webに関わる社会人としての一般常識・正しい日本語・効果的Webライティングの作法、などを身につけることを目的としたもの。 ・ホームページやブログのライター ・広報担当(コピーライター) ・ウェブライティングコンサルタント ・ソーシャルメディアコンサルタント ・SEOコンサルタント ・在宅ライター ・アフィリエイト こうした仕事に携わる人を対象に、Webに関わる企業人としての一般常識や、効果的なウェブライティングを習得する。 ・信頼感を高めるライティング技術が身につく ・販売や自己表現に役立つ効果的なライティング技術が身につく ・効果的なウェブコミュニケーションの取り方が身につく ・信用を付加する肩書きとして使える(資格取得者名簿に掲載) ・就職や採用に有利に働く(認定証を発行) ・将来的に公認コンサルタントへの道も開ける ・協会に来た仕事を斡旋、紹介する可能性も(既に多くの仕事を紹介) 検定を受けることで、こうしたメリットがあるとしています。 <受験科目> 1)国語、文章(日本語能力) 2)ウェブライティング(ウェブ特有のライティングスキル) 3)コピーライティング 4)SEO(検索エンジン最適化) 5)ウェブ上の法律・倫理、炎上対策 1~3級の等級は、同じ問題を受け、点数に応じて高い順に1,2,3級か認定されます。 3級基準に満たなかった場合は認定は与えられません。 1~3級のいずれかに合格すると、それぞれの合格証を授与(郵送)。 資格取得者名簿への記載(希望者のみ)。

試験内容

1~3級があり、取得等級のレベルの目安として、 1級:一般的な仕事はもちろん、高度な仕事もできるトップレベルのスキルを持つ 2級:一般的な仕事を行う上で充分なスキルを持つ 3級:一般的な仕事を行う上で最低限のスキルを持つ 試験はすべて4択で、記述問題はありません。 公式テキストを読み込み、付属の模擬問題をしっかり解けるようにしておけば合格できるレベルとされています。 テキストを勉強して模擬問題を解けるようにして受検した人は、ほとんど1級に合格しているそうです。

申し込み方法

日本WEBライティング協会のサイトから申し込み http://wwkentei.com/

オススメ参考書

1~3級共通公式テキスト http://日本webライティング協会.com/contents/textdl/kenteitext.html

この資格あの人に教えてあげよう!?
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら

案件を探す

検索条件を選択