Check Point認定試験の合格率や過去問題、申込方法 |
フリーランスエンジニアのIT・WEB業界求人検索・案件情報【A-STAR】

民間資格

Check Point認定試験

難易度

受験資格 特になし
受験料 受験料 $150

・Check Point Certified Security Administrator (CCSA) セキュリティ管理を日常的に担当する IT 管理者向けの内容で、バージョン R70 から導入された Software Blade アーキテクチャの管理をベースとした最新の内容で構成。 ・Check Point Certified Security Expert (CCSE) ネットワーク・セキュリティのパフォーマンスと保護を最大限に高めるための高度なスキルを習得。 ・Check Point Certified Master Architect (CCMA) チェック・ポイントのセキュリティ・ソリューション全体にわたって設計、実装、トラブルシューティングの遂行能力を証明する最高レベルのセキュリティ認定 ・Check Point Certified Managed Security Expert (CCMSE) Provider-1 チェック・ポイントの Provider-1 R70 を大規模環境で設定、実装、管理するスキルを習得できる上級者向けトレーニングで、Check Point Certified Managed Security Expert(CCMSE)認定取得が目標。 ・Check Point Certified Master Architect (CCMA) チェック・ポイントのセキュリティ・ソリューション全体にわたって設計・実装し、トラブルシューティングを行う能力を証明する、最高レベルのセキュリティ認定 ・Endpoint Security Expert チェック・ポイントの包括的なエンドポイント・セキュリティを導入し、容易な管理で脅威から効率的に保護するスキルを習得

試験内容

試験日 :随時 試験時間 :90分 試験会場:全国 受付期間 :随時 合格発表 試験後即時発表

申し込み方法

ピアソンVUEにて応募

オススメ参考書

チェック・ポイントによるトレーニングを東京 : チェック・ポイント 会議室で開講 CCSA、CCSE各コース 225,000円(税抜) Software Blades Training 22,000円(税抜)

この資格あの人に教えてあげよう!?
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら
  • 資格・検定「エンジニア向け」はこちら
  • 資格・検定「クリエイター向け」はこちら

案件を探す

検索条件を選択