Webデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスWEBデザイナー・クリエイターのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

WebデザイナーWeb Designer

579のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webデザイナー
求人・案件はこちら

Webデザイナーとは?

最近Webデザイナーという仕事をよく耳にしますし、人気の仕事でもあります。 ただ、サイト作成には、作成チーム全体の仕事を把握するディレクターや、プログラム、コーディング、動画や音声などの専門知識を要する職業の人もいます。 こうした職業をまとめてWebデザイナーという場合もあれば、各工程の中で、デザインだけを担当する人を指して言う場合もあります。 通常、IT業界では、制作工程の中で、サイト全体のレイアウトを決め、クライアントの要望にもっとも応じたイメージとなるビジュアルデザインを作成する人のことを言います。 場合によっては、サイトの中の文章を作成することもあります。

Webデザイナーの仕事の流れは

Webデザイナーの大まかな仕事の流れは、まずサイトの構成、内容を考え、各ページごとの大まかなレイアウトを考えます。
そして、トップのページの構成を決め、メインとなるイメージを配置します。
ページの見やすさなどを考えて大まかなレイアウトを決めてから、一旦クライアントの要望に応じているか確認し、次の段階として、具体的に細かい装飾や、動画の配置、コンテンツの文章などを加え、HTMLを構成させて行きます。
専門的なプログラミングが必要なところは各専門家が担当し、文章担当の人がいる場合もありますが、簡単なサイトの場合はすべてデザイナーが行ったりもします。
このため、文章作成からプログラミングまですべてできるデザイナーは重宝されることになります。
一番求められるのは、アピール効果の高いデザインができるデザイン能力です。

UIデザイナーとは

最近は、UIデザイナーという仕事もあります。
UIデザイナーは、ユーザーインターフェイスデザイナーのことで、サイトのビジュアル的なデザインだけでなく、操作性すなわちユーザビリティを高め、より使いやすさを向上させるための用語、色彩、形状、反応など、様々な要素の総合デザインを行う人です。
例えば、ネット通販のサイトを構成する場合、一般のお客が欲しい商品をすぐに見つけられ、注文から決済までをスムースに行えるようにサイトの構成を行ったりします。
また、特にゲームの世界では、一般の人が快適に楽しくゲームを楽しめるよう、適切にデザインを行う仕事のことを指して言います。
特にゲーム業界では、こうしたUIデザイナーの存在が重視されるようになっています。
一般的なWebデザイナーと比べ、UIデザイナーの場合、ゲーム独自の世界観に合わせたデザインが求められるようになります。

Webデザイナー
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

Webデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択