LAMP系エンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

LAMP系エンジニアLAMP Application

18007のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

LAMP系エンジニアとは?

LAMPエンジニアとは何かを説明するには、まずLAMPという言葉の意味から説明しなければなりません。LAMPとは1つのデータベースシステムを構成するOSからWebサーバーそしてデータベースにそれを扱うスクリプト言語の頭文字を当てはめた造語であり単語自体に意味はありません。このLAMPで扱っているOSがLinuxであり、WebサーバーがApache、そしてデータベースのMySQL、スクリプト言語はPerlかPHP、もしくはPythonの3つの内のどれかで構成されており、その全てがオープンソフトウェア群であることも特徴の1つでしょう。そしてLAMPエンジニアはこのLAMPというデータベースシステムを扱うための技術者のことであり、Linuxは勿論それ以外のソフトウェア群に精通し、勿論プログラミング技術も高いレベルで習得していることが求められます。

LAMPは低コストの企業データベースとして人気

LAMPはその全てが無料で利用できるオープンソースのソフトウェアで構築されており、たとえ企業規模の大規模なデータベースシステムを構築する際にも大幅なコストダウンを実現するシステムとして多くの企業の人気を集めています。いまやウェブ上で大規模なデータベースを構築し、様々な場所から同時にアクセスしデータ入力を行ったり、データを参照したりする大規模なデータベースシステムなど当たり前となりつつあり、それに伴って必要なソフトウェアなどにかかるコストも低下傾向にあるのですが、その際足る傾向がこのオープンソースのソフトウェアと言えるでしょう。自社システムにコストを余りかけたくない中小企業を中心にLAMPは人気を高めており、当然そのLAMPを扱うLAMPエンジニアも垂涎の的となっています。

企業の重要なデータを預かる重要な業種

このLAMPに限らず、Webサーバー上で扱うデータベースシステムは、大抵が企業システムなどとして非常に大多数の使用者によって一度に使用される非常に複雑で規模の大きなシステムになってしまいがちです。その大規模なデータベースシステムを構成し、更には管理まで任される可能性があるLAMPエンジニアは、場合によっては1つの企業の命運を決めるほど重要な業種だとみることもできるでしょう。単にLAMPを使用できるだけで無く、大事なデータを守る為、強固で使いやすいデータベースシステムを構築することこそがLAMPエンジニアの役割なのです。

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択