Java系エンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

Java系エンジニアJava Application

17990のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

Java系エンジニアとは?

Javaエンジニアは当然ですが、Javaというプログラミング言語を扱う技術者のことです。ただJavaエンジニアというと一般的に初心者かそれに近い技術者というイメージがつきまとっています。その理由はJavaという言語が初心者向けのプログラミング言語とされているからです。この初心者向けの言語としては同様にC言語などを挙げる人もいますが、Javaの方が言語としての機能も豊富であり、習得した技術を他言語にも応用できる汎用性の高さから、現状では最も初心者向けのプログラミング言語として、よく最初の講習用や研修用の教材として取り入れられています。Javaという1つの言語を習得することで、他言語で見受けられる大抵のプログラミングの概念や技術を網羅することになるため、Javaを深く学べば学ぶほど、上級者になった際に役立つ知識を詰め込むことができるのです。

最も簡単なオブジェクト指向

そんなJavaとC言語で最も異なる特徴と言えば、Javaがオブジェクト指向であるということでしょう。このオブジェクト指向はプロジェクト構文に大きく影響し、プロジェクト指向であるプログラム言語とそうでない言語を明確に分ける1つの区切りともなっています。だからこそ初心者向けの言語としてC言語では無く、Javaが推奨されるようになっているとも言えます。オブジェクト指向の言語の中で最も初心者向けなのがJavaなのです。Javaを最初に学ぶことで、最新のプログラム言語に共通する最も重要な概念であるオブジェクト指向のイメージをスムーズにつかむことが期待できます。これがC言語から学ぶとなると、オブジェクト指向に至るまで非常に迂遠な遠回りをすることになるのです。

Webアプリケーション開発言語

良くある勘違いとして、JavaとJavascriptを同じ言語だと勘違いなどがありがちです。しかし実際にはこの2つの言語は全く異なる言語です。紛らわしいのはWebコンテンツ用のスクリプト言語であるJavascriptと同様の機能がJavaにも備わっていると言うことでしょう。サーブレットやJSPなどのJavaの機能を使用すれば、Javascriptと同じかそれ以上のWebコンテンツを作成することができ、Javaを学ぶことでWebアプリケーション開発のスキルを修得することが可能となっています。最初に修得するプログラミング言語で動的なウェブページという概念を習得することは、プログラマーやシステムエンジニアとしても大きな一歩となるでしょう。現在のプログラミングの仕事の殆どがネット上の動的コンテンツであり、動的と静的の概念を知っているかどうかで、受けられる仕事の幅が大きく異なってきます。

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択