インフラエンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

インフラエンジニアNetwork & Infrastructure

17704のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

インフラエンジニア
求人・案件はこちら

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアは一見、他にシステムエンジニア関連のようにソフトウェア関連の技術者のように思うかもしれませんが、インフラエンジニアが担当するのは通信インフラ、つまりは通信関連のハードウェアです。もちろん、インフラエンジニアにもソフトウェアのスキルは必要となりますが、アプリケーションを開発すると言うよりも、通信のためにOSに細かい指示を与えるコマンドに関する知識の方がより重要となります。複数のパソコンをネットワークで繋げたり、複数のパソコンを一つのサーバーで管理するシステム構築する等、更にはそれにインターネットを追加するなどパソコン間、ネット間の通信関連の配線や機材などを準備し実際に繋げることがインフラエンジニアの主業務となるのです。

サーバーや配線、通信環境の構築

インフラエンジニアが担当するようその中で最も重要なのがサーバーの設置でしょう。通常個人が使用する独立したパソコンでは無く、複数のパソコン、もしくはネットを介した複数のユーザーを一度に管理するサーバーを扱うには、深い専門知識と、ネットワークの配線の仕方、更にはデータベースの知識も必要となります。また、膨大な量のデータをインターネットを介して送受信するために、通信環境の契約などに関しても詳しくなければなりません。またインフラエンジニアとしては設置するだけで無く、その後実際に運用する上で、トラブルなどの際に迅速に対応できるよう、日ごろからトラブル対処の予習などを勉強することが要求されるようになります。

要求されるのは知識と体力

こうしたインフラエンジニアの業務を滞りなく遂行するには、知識はもちろんのとこ重いサーバーなどの機材をスムーズに動かすための体力も必須の厳しい業種であり、プログラマーやシステムエンジニアのようにキーボードが打てれば大丈夫という体力いらずの業種とはかけ離れています。そしてなによりもインフラエンジニアで重要なのは、小野業務の重要性でしょう。企業のインフラエンジニアは、企業内の通信環境を管理する立場にあり、トラブルによって通信が遮断されるなどしてしまえば、その企業は完全にネットから孤立し、関連の業務がストップしてしまうことになるのです。そうなってはその損失はトラブルが解決するまで1分どころか一望ごとに膨大な量積み重なっていきます。だからこそ、トラブルが発生してから対処法を調べるのでは無く、トラブルが起こる前に対処法をあらかじめ予習し、迅速に対処する必要があるのです。

インフラエンジニア
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

インフラエンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択