システムエンジニア(SE)の案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

システムエンジニア(SE)System Engineer

17704のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

システムエンジニア(SE)とは?

システムエンジニアとは、コンピュータやネットワーク、プリンター等のハードウエアの設置や構築と、それらを動かすためのプログラムの設計、実装、テストなどを担当する職種です。具体的なシステムとしては、企業の業務システム、ネットワークシステム、店舗のPOSレジシステム、Eコマースサイト等があります。 システムエンジニアの勤務先としては、一般企業・公共機関等の情報システム部門、コンピュータハードウエア・ソフトウエアのベンダー企業、ソフトウエア開発を専門とするソフトハウス等が主になります。 またシステムエンジニアが扱うハードウエアとしては、パソコン、ネットワーク機器、プリンター、家庭用電化製品、ゲーム機器、工業用機器等、様々なハードを扱います。それぞれのハードウエアを目的通りに動かすためにプログラムを設計し、プログラム言語を使用してプログラムを書き、ハードに組込んでテストや運用などを行います。

システムエンジニアに必要なスキルは?

まずSEは国家資格を取得しないとなれない仕事ではありません。また基本的にこれだけは必要だ、と言われるスキルがプログラミングスキルです。汎用的言語と呼ばれるCやjava、Basic等を使用し、簡単なパソコン用のユーテイリテイーや小規模事業向けの会計システムなどの実装ができれば、システムエンジニアとして十分にやっていけるはずです。また基本的なスキルにマッチさせた民間の様々な資格がありますので、1つ取得してみるのがスムーズです。
コンピュータの世界は日進月歩していますので、常に新しい情報を取り入れることができ、常に業界に深い関心が持てることも大切です。デスクワーク中心ですので集中力があることや、数値の分析力、論理的思考能力なども大切です。SEの仕事は基本的にチームワークですので、プログラマーやプロジェクトのリーダー等と意思疎通するためのコミュニケーション力も無ければなりません。
ある程度スキルを身につけたり、民間の資格を取得してから就職される方もいますが、まるまる未経験から働いてSEになった方も少なくありません。いずれにしてもまずは見習いのプログラマーとして熟練のSEやプロジェクトマネージャーの元で仕事をはじめるのがよいのではないでしょうか。
たくさんのプログラミング言語のスキル、設計スキル、ネットワーク構築スキル、エンドユーザ折衝スキルなど、いろいろなスキルを目標にすると、やりがいもどんどん大きくなってくる職種です。

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択