シナリオライターの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスWEBデザイナー・クリエイターのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

シナリオライターScenario Writer

508のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

シナリオライター
求人・案件はこちら

シナリオライターとは?

シナリオライターという言葉を聞いたことがあるかもしれません。 一般的には、シナリオライターとは、脚本家のことであり、映画やテレビドラマの脚本を書く人のことです。 ただ、最近は、シナリオライターでも、ゲームシナリオライターというものがあり、企業でもゲームシナリオライターの求人が増えています。

シナリオライターとゲームシナリオライターとは違う

コンピューターゲームでも、聡明期のテニスゲームやインベーダーゲームと比べ、今や様々なキャラクターが登場し、いろいろなセリフをしゃべり、ドラマ的にゲームが進行するパターンのものが増えています。
当然、ドラマなら、キャラクターの動きやセリフ、ストーリーの進行を組み立てる必要があります。
ゲームシナリオライターは、こうしたストーリーのシナリオを構成する人のことなのです。
つまり、映画やテレビドラマのシナリオライターとは全く違う分野で仕事する人で、ゲームシナリオライターは、ゲーム業界ならではの仕事でもあるのです。
映画、テレビドラマのシナリオの場合、ト書き、柱、セリフの書き方など、一定のルールがありますが、ゲームのシナリオの場合、まだ新しい分野だけに、特に決まった書き方、ルールは確立されていません。
また、映画、テレビドラマとは全く違う、ゲームならではのストーリー構成のノウハウも必要となります。

シナリオライターの仕事は様々

ゲームと言っても、ロールプレイングゲーム、アクション、シューティング、パズルなど様々な種類があります。
それだけに、ゲームの種類ごとにシステムがあり、システムに応じたシナリオが必要となります。
このため、ゲームのシナリオと言っても、書き方、組み立て方は千差万別ということになります。
また、ゲーム制作の過程で、とくにシナリオライターの職種が確立されているわけでもありません。
ただ、最近は、ノベルやアドベンチャーなどのジャンルのゲームの場合、特にストーリー性が大事となることから、ストーリーを組み立てる専門の、シナリオライターの部門を確立させるケースが増えています。

シナリオライターの未来

今後的にも、シナリオライターの役割は高まり、ゲームの世界で一つの職種として確立されます。
さらに、スマホやタブレット端末用のアプリ市場が急成長する中、今後はこうしたアプリも、より洗練度の高いものが求められるようになり、シナリオライターの役割が重視されることになります。
将来的に、シナリオライターの活躍の場はさらに増えるのです。

シナリオライター
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

シナリオライター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択