DTPデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスWEBデザイナー・クリエイターのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

DTPデザイナーDTP designer

579のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

DTPデザイナーとは?

DTPデザイナーとは、雑誌、パンフレット、冊子などの紙面のレイアウトを、パソコン上で行う人のことです。 かつては、紙面のレイアウトは、版下に写植で打たれた文章や、写真、イラストなどを配置して行っていました。 こうした作業は版下フィニッシュと呼ばれていましたが、パソコンの普及、進歩に伴い、今は版下フィニッシュの仕事はDTPデザイナーの仕事に取って代わるようになりました。 DTPとは、デスクトップパブリッシング(Desktop publishing)の略です。

DTPデザイナーの仕事の流れは

DTPデザイナーは、グラフィックデザイナーも兼任することが多く、場合によってはグラフィックデザイナー、編集者も含めた総称として用いられることも多く、まだ一つの専門職として確立されてはいないのが現状です。
雑誌などを作る場合、まず記者が記事を書き、カメラマンが写真を撮り、イラストレーターがイラストを描きます。
DTPデザイナーは、記事、写真、イラストなど紙面構成に必要なものがそろった時点で、紙面に記事の文章、写真、イラストの配置を考え、QuarkXPressなどのレイアウト専用のソフトを用いて紙面全体のレイアウトを行います。
少人数の会社の場合、場合によっては写真撮影からグラフィックデザインまでも行うことがあります。

DTPデザイナーに必要なものは

DTPデザイナーが最終的なレイアウトを決めれば、DTPオペレーターが最終的に印刷工程に回すためのデータ化を行います。
いわば、DTPデザイナーはデザイナーとしての要素が必要で、DTPオペレーターは印刷の専門知識が必要な専門職と言えますが、この場合も、デザイナーとオペレーターを兼任する人はいます。
DTPデザイナーは、QuarkXPressなどの専門ソフトを使いこなすスキルが必要ですが、これ以外、一般の読者が見やすいような紙面レイアウトを考える必要があります。
特に、新聞のレイアウトの場合、腹切り、両折れ、飛越など独自のルールがあり、こうしたものも理解していないと、見やすい紙面を作ることができません。
見やすい紙面をレイアウトできるようになるには、やはりある程度の経験が必要であり、編集者としての経験も求められるようになります。

DTPデザイナーに向いた人は

DTPデザイナーは、雑誌作りが好きで、同時に細かい作業ができる人、さらに、デザインも好きな人が向いています。
これに加え、やはり編集の経験が豊富な人が望ましいものです。

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

DTPデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択