フロントエンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスWEBデザイナー・クリエイターのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フロントエンジニアFront Engineer

508のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

フロントエンジニアとは?

最近、制作の分野で、フロントエンジニアという肩書きを見かけるようになりました。 これまで、名刺の肩書きがWebデザイナーだったのが、フロントエンジニアの肩書きに変える人もいます。 Webデザイナーといっても、会社によって仕事の内容は様々で、Webのデザインだけでなく、HTML、CSSのコーディングを行ったり、さらにはJavaScript、Flashを手がける人もいます。 また、サイト内の情報を整理し、適所に配置するのもひとつの仕事です。 これらの作業の中には、かなり専門的なスキルが必要な場合もあり、またサイトの質も向上し、情報量も増えたことから、Web製作の過程も細分化され、この中で、一つの職種としてフロントエンジニアが確立されるようになりました。

フロントエンジニアは、洗練されたコーディングを行う人

サイト制作工程の中で、HTML、CSSのコーディングは、ある程度のスキルが必要であり、さらにJavaScriptやFlashになるとより熟練が必要となります。
せっかく基本的なデザインが美しく出来ていても、HTML、CSSのコーディングが雑になれば、見た目が悪くなったり、非常に使い勝手の悪いサイトが出来上がってしまう恐れがあります。
そこで、CSS設計・HTML設計・JavaScriptなどの実装をフロントエンジニアが行い、情報を得やすくて快適に利用できるサイトを構成するのです。
これ以外にも、保守性に優れたサイトを構築する役目もあります。

より利用しやすいサイト構築のために

フロントエンジニアは、サイトを利用する側の立場になって、利用者が直接見聞きしたり操作する部分を担当し、より見やすくて使いやすいサイトを構築するのが主な役割です。
Webサイトは、文章、画像、動画以外にHTMLやCSS、JavaScriptなどを組み合わせて構築されますが、この中で専門スキルが必要な部分は、HTMLコーダー、マークアップエンジニア、JavaScriptプログラマなどが担当します。
フロントエンジニアという仕事自体、まだはっきりとした位置づけがされていないことから、こうした作業を行う人たちのことをフロントエンジニアと称することがあります。
また、基本的なWebサイトのデザインなど、Webデザイナーを兼任することもあります。

より情報が見やすく、得やすくするために

サイト構築の技術は年々向上し、一つのサイトの中にはいろいろな情報があふれています。
利用する人が求める情報をいち早く、また簡単に得ることが出来るよう、フロントエンジニアの役割は今後さらに重要となります。

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

フロントエンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択