業務系エンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について |
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

業務系エンジニアEnterprise System

17704のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

業務系エンジニア
求人・案件はこちら

業務系エンジニアとは?

業務系エンジニアとは、通常市販されている汎用のアプリケーションとは異なる、特定の企業内の特定の業務に直接関係する機能のみに限定されたアプリケーションを開発し、管理する専門エンジニアのことです。その性質上、企業の業務内容に密接に関わるため、守秘義務は勿論ですが、通常のアプリケーションとは全く異なる様々な制限や専門知識を必要とするシステムエンジニアの中でも非常に特殊な分野と言えます。しかし、最近ではありとあらゆる企業がその業務内容をIT化する傾向が拡大しており、その影響で業務系エンジニアの需要はうなぎ登りとなっていることも事実です。これからエンジニアの道を進むなら、業務系エンジニアという分野も決して無視できないものとなるでしょう。

プログラミング以外にも業務内容を熟知

業務系エンジニアとは前述したように企業の特定の業務内容に密接に関連づけられたアプリケーションを開発し管理することになります。そのため、業務用アプリケーションを開発するエンジニアは、プログラミング言語だけでは無く、目標となる業務内容に関して細かく熟知しておくことが求められるのです。本当に使いやすく、業務を最大限に効率化する業務用のアプリケーションを開発するならば、その開発者は実際にその業務作業を一通り体験しておくことがのぞましいのです。せっかくの作業のIT化も、単にIT化するだけでは意味がありません。IT化によって作業を大幅に効率化してこそ、それまでのコストを大幅に削減することができるメリットが生まれるのです。その作業の効率化を実現するためにも、業務系エンジニアは実際に業務内容を体験し熟知することも必要となります。

ミスとエラーの少ない信頼性が大切

    企業の業務を大幅に効率化し、作業を合理化する業務用アプリケーションはなによりもまずミスとエラーを少なくすることが重要となります。いかに革新的な仕組みを取り入れたアプリケーションでも実際に使用する人の殆どが使いにくいと感じるようなものではと手も作業の効率化はできません。業務用に限らず使いやすいアプリケーションとは、作業のミスを減らすインターフェイスとエラーを少なくする整合性の高いプログラミングが合わさってこそ完成するのです。小さなミスとエラーが大きな経済的損失を生む、業務系だからこそそのアプリケーションには高い信頼性が求められます。

業務系エンジニア
求人・案件はこちら

持っておくとよい資格・検定情報

資格・検定情報をもっとみる

業務系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択