iOS(Objective-C)を活かせる仕事

検索結果

915

案件をもっと見る

iOS(Objective-C)とは?

iOS(Objective-C)について

【Objective-Cとは】 Apple社が開発・公開しているプログラミング言語です。NeXTSTEPというソフトウエアの開発言語として採用され、その後Apple社がNeXT社を買収してからMacシリーズ・モバイルデバイスの標準開発言語になっています。 C言語をベースとし、Smalltalkという言語のオブジェクト指向性を取り入れ、コンパイラを介して実行されます。また基本的構文はC言語にほぼ忠実ですが、オブジェクト的拡張部分はCとは違う特殊な文法・表記がほとんどです。Cのマクロ的・言語拡張的でなかなかとっつきづらいとか、マニアックな感じを覚えるプログラマーが少なくありません。 Objective-C言語の主な開発目的はiPhone、ipad、MacOS向けのネイティブアプリで、開発環境はMacOSを塔載したPC、Xcodeというツール、cocoaというオブジェクト指向フレームワーク等が主になります。 【Objective-C関連の求人案件】 iPhone・iPad向けアプリ開発案件がほとんどで、ネイティブゲーム・ソーシャルゲーム、ビジネスツール、コーポレートアプリなどの分野を中心に案件数が伸びています。 ゲーム系では2Dや3Dグラフィック、アニメーション関連のツールを使用するものが多く、ビジネス系ではサーバサイド連携、データベースプログラミング等をベースとしたアプリ開発案件、またWEB系ではWeb API連携、クロスブラウザベースの高度なWEBアプリ開発案件等が多くなります。 求められるスキルについては、Objective-Cプログラマーとして1年以上の経験があれば半数以上の案件に適合します。その他難易度の高いアプリ開発や大規模なサーバサイド連携システム開発の場合は、Java、Cocos2d、OpenGL、Unity、SQL等の周辺スキルや、SEクラスの上流スキルが求められるものがほとんどです。

続きを見る