【夏季休業中の対応について】
2021年08月12日(木)から2021年08月16日(月)まで、夏季休業とさせていただきます。 休業期間中に頂戴したお問合せにつきましては、2021年08月17日(火)以降のご返信となります。 また期間中は、案件掲載企業からの返信が遅れる可能性がございますので、予め御了承ください。

HTMLコーダー

もっと見る

HTMLコーダーとは?

HTMLコーダーについて

HTMLコーダーはHTML・CSSを駆使し、WEBページに表示される全てのコンポーネント、つまり文章、画像、アニメーション、ローカルスクリプト等を含めコーディングする仕事です。また今はWEBデザイナーが見た目、UIを定義するケースが多く、そのデザインをブラウザにそのまま不具合なく表示できるように技術を駆使し、たくさんの種類のブラウザがある中でどれも間違いなく表示・動作ができるようなスキルも大切です。従来はWEBデザイナーがHTMLコーダーとしての役割も兼任する例が多かったものですが、最近は社内システムのような一意の内容ばかりでなく、サイト構造も複雑化し、大規模なサイト構築の案件も増えています。コーダーとデザイナーが明確に分離し、それぞれにプロフェッショナルな技量が要求されます。デザイナーがどんなにクオリティの高い素材を作ったとしても、HTMLコーダーがそのイメージをそのままサイトに反映させなければ意味はありません。このためにはデザインツール等の知識もある程度は必須です、またコーダーとしてオーサリングツールを使用するケースも多いですが、純粋に大規模なページをプレインなエディタだけで記述できるレベルにならないとなかなか、とも言われ、他にはSEOやアクセシビリティを考慮したコーディング能力等も、徐々に高いレベルで求められるようになっています。プログラマーでなくコーダーというと単純作業にも思われがちですが、外部公開サービス、BtoCサービス等でも欠かせない、重要なポジションと言えます。

続きを見る