▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

Webデザイナー、案件・求人情報

(現在掲載中の案件・求人情報 10,206件)

Webデザイナー の求人 / 仕事一覧

Webデザイナーの仕事は色々とありますが、一番大事なのは、名称通り、Webページを美しく機能的にデザインすることです。 Illustratorや、Photoshop、Fireworksなどのグラフィックスソフトを使用するので、こうしたソフトを使いこなせることが求められます。 また、デザインが終了した後、画像データをWebページとして見られるように書きだすコーディングの作業も行わなければいけません。 他にも、JavaScriptやフラッシュを使ったコンテンツ作成も行います。 仕事場によっては、デザイン、HTMLとCSSによる記述、スクリプト担当、フラッシュ担当など分業で行っているところもあります。

キーワードから探す: 詳しい条件を追加する
現在選択中の条件:
  • Webデザイナー×
検索条件をクリア

検索結果 489件 1~50件目を表示中

< 123...910
< 123...910

国内最大級のフリーランス案件サイト

まずは会員登録!
(無料)
  • 1会員限定非公開案件がメールで届く!
  • 2WEB履歴書の登録で、続々と案件の紹介が届く!
  • 3参画決定までのスピードが圧倒的に早い!

WEBデザイナーになりたい、と漠然とは考えていても、具体的な中身が把握できない方は多いと思います。まずWEBですから、ホームページ、サイトを作る立場には変わりません、つまりHTMLコーダーもいればサーバやデータベースエンジニアもいますし、大規模なBtoC系サイトになればデザイナーも1人とは言わず、外注に出すデザイン物を管理するようなこともよくあります。デザイナーはバナーとかボタンとかを作る人かというと、まずはサイトの構成、つまりレイアウトをしっかり煮詰めることが最初のタスクになり、ライターコンテンツはここ、このページは画はこれでサイズはこのくらい、サイト全体のボリュームを決めたり、ページごとのリンクの構成など、トップページから末端のページまでトータルにレイアウト、ビジュアルイメージを考えていく立場です。またデザイナーとしてある程度はコーディングもできないと、全てHTMLコーダーにまかせっきりではなかなか、開発の進捗も思うように行かなくなってしまいます。まず大枠のレイアウトはしっかりコーディングでき、コーダーにアドバイスできるようなスキルも必須です。WEBデザイナーはイラストレーターが兼務する例も多いようです、またHTMLコーダーからデザイナーになる人もいますし、最近は特にWEB開発の案件が豊富で、WEBデザイナーになりたいという人も増えています。できるだけ広範囲にWEB構築のスキルを持っておくことが理想です。