▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

イラストレーター、案件・求人情報

(現在掲載中の案件・求人情報 10,157件)

イラストレーター の求人 / 仕事一覧

イラストレーターは、雑誌、書籍、ポスター、カタログ、パンフレットなどの印刷物上のイラストやキャラクターを描くのが仕事ですが、ゲームのイラストレーターは、ゲームのキャラクターや背景などを描くのが仕事です。 ゲームメーカーの発注に応じて、ゲームの世界観、設定やキャラクターの性別、体系、スペック、ポーズ、属性などの詳細な仕様をもとにイラストを描くことになります。 事前に全ての設定、細かい仕様が決まっている場合もあれば、制作の進捗に合わせて作っていく場合もあります。 その際、少ない資料から、依頼通りの作品に仕上げる力も求められるようになります。 ファンタジーや戦国、リアル系~アニメ塗り等、様々なジャンルのイラストが描けると、有利となります。 装飾・模様が必要なので、デザイン面でもセンスが求められます。

キーワードから探す: 詳しい条件を追加する
現在選択中の条件:
  • イラストレーター×
検索条件をクリア

検索結果 134件 1~50件目を表示中

< 123
< 123

国内最大級のフリーランス案件サイト

まずは会員登録!
(無料)
  • 1会員限定非公開案件がメールで届く!
  • 2WEB履歴書の登録で、続々と案件の紹介が届く!
  • 3参画決定までのスピードが圧倒的に早い!

イラストレーターはイラストを描くことを仕事としている人です。イラストといえば本の挿絵や商品の図解、文章を捕捉する図版などがありますが、情報伝達の手段として視覚表現するものであればすべてイラストとも言えます。イラストレーターになるためにはどうすればいいか、実際、資格もほとんど不要ですし、学歴も関係ない、アートな世界ですから、画力を高めることが第一、また最近はパソコン上でツールを使って作り、納品するケースが増えています、代表的なものはAdobe社のイラストレーターがありますが、たくさんのツールやフォーマットを扱えるに越したことはありません。簡単に言えば、とりあえずは名刺を作っておいて、それに肩書きとしてイラストレーターとつければなれる職業です。もちろんそこからどんな方法で展開していくかが重要ですが、公募に応募して賞をもらえば即受注に繋がるかもしれませんし、最近はWEBの世界、あるいはソーシャルな世界に自己の作品を含めてセルフブランディングを進めていくと強い、とも言われています。他にはイラストレーターを紹介してくれるエージェントも増えていますし、WEBデザイナーやHTMLコーダーの職からイラストレーターに専念しだす方も多いようです。特にフリーで生計を立てていくのは大変なことです、やはり他のスキルを活かして修行を積んでいくのが理想的かもしれません。自宅でPCを相手にどんどんスキルアップも可能だと思います。