ソーシャル系エンジニア

検索結果

416

案件をもっと見る

ソーシャル系エンジニアとは?

ソーシャル系エンジニアについて

ソーシャル系エンジニアといえば今もっとも人気のある職種の1つ、ITエンジニアとして意識しない人はいないだろうと言われ、一時期よりも落ち着いてきていますが転職する方ももちろん多く、スキルアップにも有利で、新しい技術にアプローチできる環境が整っている、変化を求めるエンジニアにも最適な仕事です。ソーシャル系の具体的な仕事は、ソーシャル系サイトをベースとして、そのものの機能を追加したり改修することもあれば、ソーシャル系サイトにはそのプラットフォームを利用して様々な機能を実装できる仕組みがあり、APIとも言いますが、ソーシャルアプリといえばこのAPIを駆使して開発されるシステムであり、アプリもあればゲームも多く、またゲームはクオリティの高い、コンシューマー系に近いタッチのものもどんどん増えているようです。業務系とソーシャル系を比較すると、例えば金融SEがjavaやcobolを使用しているとして、プロジェクトが変わっても使用する技術はほとんど変わりません、しかしソーシャル系ではとても様々、今人気の言語といわれるPython、Ruby、PHP等は基本ですし、新しい言語や新しいフレームワークも取り入れ、常にチャレンジングな気持ちでいられます。ゲームとして新規タイトルを制作する、という場合、今は既存タイトルからの横展開も多いようですが、新しいアイディアを進めていく場合も多く、正に裁量がフルの世界、やる気を持ってかからないと、いつのまにか置いていかれてしまうポジションと言えるでしょう。

続きを見る