案件・求人情報


検索結果

0

    システムエンジニア(SE)とは?

    システムエンジニア(SE)について

    システムエンジニアの仕事といえばどんなイメージがするか、、お客様の夢をかなえる仕事、ある程度経験があってユーザの要求をしっかり把握でき、要求どおりのシステムを作ったり運用していく立場、こんな解釈をされる方が多いようです。厳密な定義では情報システムの設計から構築、運用に従事する、と言われますが、日本では特に企業の情報システム部門で社内システム開発に携わる人、と解釈するのが妥当かもしれません。似ている仕事にプログラマーがありますが、プログラマーは仕様書に沿ってガリガリとコードを書く専門家であるのに対して、システムエンジニアはその仕様書を作る立場であり、より広範囲な知識が求められます。幅広い知識・経験を持ち、人間を相手にする立場とも言えます、システムを相手にしているイメージより、相手は人間である、という意識は常に強く、もちろんシステムも大事であり、両方を受け持つ、体力派だ、などとも言われます。また最近は企業によってSEの役割も位置づけも大分違うと感じられることが多くなっています。将来のキャリアについても多彩です、人間・プロジェクトを相手にするPMの立場、コンサルタントもあれば、特定分野の専門性を持つスペシャリスト派として、ミドルウエア、ネットワーク、インフラ等カテゴリーは豊富です。転職で企業を選ぶ場合、まずどんなSEが在籍しているかを知ることが重要かもしれません、SEを知ることは企業・業務をダイレクトに感じる大切な鍵と言えます。

    続きを見る