DTPデザイナー

DTPデザイナーとは?

DTPデザイナーについて

DTPは、デスクトップパブリッシングの略で、DTPデザイナーは、パソコンで雑誌、冊子のレイアウトなどの作業を行う人のことを言います。 誌面のデザインを、コンピューターで割付をするのが中心で、かつての版下の作業に近いものと言えます。 編集長やアートディレクターからの指示により、印刷物に使用する写真やイラスト、文字などをパソコン上で編集、レイアウトとデザインを行うのが、DTPデザイナーの仕事です。 Illustrator、 Photoshop、 レイアウトを作成するQuarkXPressなどのソフトのスキルが必須となり、他にも、見やすい紙面のデザイン、割付が行えるセンスが必要となります。 印刷物のコンセプトなどを表現するために、最適なデザインやレイアウトのアイディア表現が重要になってきます。 紙面のデザイン、割付にはある程度の経験が必要で、パソコンのスキルだけでなく経験が重視されます。

続きを見る