Oracleを活かせる仕事


もっと見る

Oracleとは?

Oracleについて

Oracleは、アメリカのオラクル社が開発・販売しているRDBMS(リレーショナルデータベースマネージメントシステム)です。 世界初の商用RDBMSで、メインフレームからパーソナルコンピュータまで幅広いプラットフォームをサポートしています。 行レベルロックにより待ち時間の発生確率を低減し、処理待ちも発生せず、ダウンタイムの削減やデータ資産消失を防ぐなど堅牢性に優れ、データベースエンジン・コアAPI周りは全てC言語、各ツール類は殆どC言語かJavaで記述されることで、広いプラットフォームで移植性を持つ、などの特徴があります。 世界で一番多く使われているデータベースシステムであり、シェアは半数近くを占めています。 ただ、高機能ながら、システムや操作方法を理解するのが難しく、ユーザビリティに欠けるとも言われます。 また高価であることから、中小企業での導入はあまり進んでいませんが、日本法人の日本オラクルは中小企業に対するアピールも強化しています。 中小企業向けのStandard Edition Oneは、1ユーザあたり18,600円と非常に安価となっていて、今後的に中小企業での導入も進むものと見られています。 Oracle Database Express Edition(XE)は、商用エディションに比べいくつかの制限がありますが、無料で使うことができます。

続きを見る