【夏季休業中の対応について】
2021年08月12日(木)から2021年08月16日(月)まで、夏季休業とさせていただきます。 休業期間中に頂戴したお問合せにつきましては、2021年08月17日(火)以降のご返信となります。 また期間中は、案件掲載企業からの返信が遅れる可能性がございますので、予め御了承ください。

iOS(Swift)を活かせる仕事

もっと見る

iOS(Swift)とは?

iOS(Swift)について

【Swiftとは】 2014年6月にApple社がリリースしたObjective-Cに代わるプログラミング言語です。C言語の難点を取り除き、Objective-Cのよい点を引き継ぎ、よりスムーズにプログラミングができるように設計されています。 従来の言語とコード互換性が高く、1つの土台でいっしょにビルドすることができ、また新しいフレームワークではビルドや動作環境の起動をしなくてもデバッグができます。 iOSやmacOS向けのネイティブアプリケーションをSwift単体で開発するケースが今後徐々に増えてくると予想されます。またObjective-Cのコードと混在が可能ですので、既存のアプリのコードの一部を部分的に置き換えてAppStoreにリリースすることも可能です。 正式リリースは秋ですが、既にApple社の公式サイトからXCode6のベータ版がダウンロードできます。既存のXCode5とは別にインストールされるため全く影響はありません。 【Swift関連の求人案件】 現状はまだ少なめですが、Appleがメイン言語として提唱していることや、より柔軟な開発が可能になったことなどから、今後アプリ開発でメインに採用する案件がどんどん増えていくと予想されます。Objective-C関連の求人を出している企業の担当者に聞いてみると、Swiftのスキルもあるエンジニアをできるだけ早く採用したい、という意見が多くなっています。 またSwiftはWEBデザイン・クリエイティブ業界でも注目されていますので、WEBデザイナーやWEBコーダー、グラフィックデザイナー向けの案件でもSwiftスキルを求めるものが多くなっていくと予想されます。 Swiftプログラマーの平均報酬はフリーランスで50万円、正社員で40万円程度でObjective-Cとほぼ変わらないレベルで推移していくと予想されます。またアプリのUIやデザイン的スキルがある場合は10万円程度高くなるようです。

続きを見る