プログラマーの案件・求人情報、年収や将来性について

プログラマー需要について

19764のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

プログラマー
求人・案件はこちら

需要について

プログラマーは常に一定の需要があります。また最近は特に技術の進歩が激しくなっていることから、新しい技術を活用してシステムを更新したいと考える企業が増え、需要は確実に伸びています。業種もIT系のベンダー企業をはじめ、メーカーや流通、金融や保険、エンターテイメントやEコマース等、幅広い業種で案件が増えています。

スキルや経験別需要

プログラミングスキルや実務経験が多いほど需要は高くなります。また未経験者や第二新卒者の需要も増えていて、特にWEB系のプログラマーの募集が多くなっています。理由は新しい技術がどんどん増えていて、経験者でも対応できないケースが多いことがあげられます。

業種別需要

普及が一気に加速したスマートフォン向けネイティブアプリ・ブラウザアプリの開発案件、家電製品や自動車部品、NCデバイス等のハードウエア組込み系の案件が目立って増えています。他にはWEB系の開発案件も順調に伸びています。

年代別需要

年代的には20代後半から30代前半の需要が安定して伸びています。また40代のベテランプログラマーの採用の伸びが大きく、過去との差がかなり大きくなっています。また20代前半くらいの場合は未経験者でも積極採用するところが多いですが、30代を過ぎて未経験者の方の場合は圧倒的に数が少なくなります。

言語別需要

言語別では、javaやC等の汎用的な言語スキルを持っている方を求める案件数はもっとも多く、また最近はPerlやPHP、RubyやPython、scala等の言語をメインとするWEB系のプログラマーや、javaやobjective-c等のスマートフォンネイティブ系、そしてHTML5やCSS3、JavaScriptやjQuery等を使用するコーダーやスクリプター等のフロントエンド系のプログラマーも需要が増えています。

最近はフレームワークやSDK等のプログラミングを容易にするためのツールを用いるケースが増えていますが、このことで需要は減っているのではないかと考える方は少なくありません。しかし実際にプログラマーさんとして働いている方に聞いてみると、フレームワークがどんなに便利になろうとプログラマーは一定量は必要だと言います。ツールを使用して省力化を図る傾向は強いですが、プログラマーの需要にまで影響を及ぼすようなツールが登場するのはかなり先だろう、という意見もよく聞きます。

プログラマー
求人・案件はこちら

プログラマー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択