今後のプログラマーの将来性に関して

プログラマー今後・将来性

21923のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

プログラマー
求人・案件はこちら

今後・将来性

プログラマーの将来性は、ここ数年で需要が伸びていることや、他のIT系のエンジニア職に比べて報酬の伸びが高いことなどから、どんどん上向きになっていくと考えられます。現場のプログラマーの多くが、経験を積めばいくらでも言語を覚えることができ、報酬はもちろんアップし、フレームワークやSDK等の最新スキルも蓄えてどんなシステムでもプログラミングできるようになる、と言います。また逆に、若いうちはプログラマーとして活躍できても、歳をとれば色々な物事を吸収する能力が鈍くなり、新しい技術を吸収するスキルも衰えたりして安定感が減ってくるだろう、という意見もありますが、数的には前者のほうがどんどん増えている傾向にあります。

たくさんのキャリアアップの可能性

プログラマーとしてずっとキャリアを続けていく方もいれば、システムエンジニアやプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャ、特定分野のスペシャリスト、ITコンサルタント等へ転身する方もいます。また最近は20代で700万円以上の年収をもらうプログラマーが増えています。また有名なソーシャルゲームプロバイダーやゲーム会社等では年棒1千万を超える採用を打ち出すところも多くなったり、一般企業でもシニア向けの高報酬案件を提示するところが増え、外資系企業でも20代で1千万円以上の年収を稼いでいるケースが多いようです。今後はどちらのキャリアも尊重して考えることができ、将来の色々な目標を考えることができるようになるはずです。

続けることの難しさもある

3年以上プログラマーの仕事を続けている方に、今後の将来性について話を聞いてみると、この仕事に定着していることはかなり難しいことだ、と言う方が多くいます。特に最近は新しいプログラミング言語やフレームワーク等の技術が増えていますので、今ある仕事は問題なくクリアできても、新しい案件に対応できるか常に不安だ、と答える方が少なくありません。

このようなことからプログラマーとして将来性を高めるためには、まず新しい技術に敏感になることが大切だと言えます。今後もどんどん新しい技術やプログラミング言語が生まれ、新しい開発手法やツールなども増えてくる中で、それらをできるだけ早く実業務に取り入れるにはどうすべきか、という意識を持つことが大切ですし、情報をたくさん仕入れて、幅広い業種や技術分野に応用できるようなスキルを養うことも大切です。

プログラマー
求人・案件はこちら

プログラマーについて
詳しくみる

プログラマー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択