今後のLAMP系エンジニアの将来性に関して

LAMP系エンジニア今後・将来性

19984のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

今後・将来性

LAMPの人気の高さが将来性に直結

LAMPエンジニアの今後は、現状のランプの人気の高さと、これからのLAMP導入企業の数によって大きく左右されます。勿論現状の人気が持続するならば,LAMPエンジニアの将来性は約束されたようなものですが、人気が高くとも導入する企業の数が増えない場合など、LAMPエンジニアの需要が先細りになる可能性も全くないわけではありません。

これはLAMPに限らず、様々な分野での規格競争でありがちな状況で、LAMPとそれ以外のデータベース規格の競走の結果によってLAMPエンジニアの将来は大きく変わることになるでしょう。  

現在のLAMPを採用した企業の数が将来性を保証

確かに現状のようにLAMPがあくまで数あるデータベース規格の1つにしか過ぎない状態では、LAMPエンジニアの将来性は不確かではありますが、全く保証がない訳ではありません。すでに現状ではLAMPデータベースを導入している企業はかなりの数に上り、それらの企業が順調に経営を継続していく限り、一定のLAMPエンジニアの需要は確保できることになります。

そして次から次へと新しいバージョンが登場する通常のソフトウェアとは異なり、データベースは一度完成したら管理のための人員を常に確保しておかなければならないため、他のソフトウェア開発分野よりも非常に安定してこようが望める分野と言えるのがデータベース分野のエンジニアなのです。

一度完成したデータベースの管理に終わりは無い

LAMPは比較的新しいデータベースシステムですが、他にもたくさん最新のデータベースシステムの規格が乱立する中、有名な企業でも驚くほど古い規格のデータベースを使用し続けているケースも多々見受けられます。これは何かこだわりがあるということでは無く、それまでの古いデータベースから、LAMPなどの新しい規格にシステムを更新するために発生するコストが莫大になってしまうため後回しにし続けた結果なのです。データベースはいかに古くなっても、その管理機能が維持できていれば最低限の役割は果たせます。

そのため非常に古くなったデータベースシステムの管理のために古い技術しか持たないエンジニアが今もその管理を任されているのです。それはLAMPエンジニアの今後にも同様の傾向が期待できるということでもあります。LAMPを使用して長持ちする完成度の高いデータベースを構築することで、その後は管理するだけで安定した収入を得るという可能性も充分にあるのです。

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択