LAMP系エンジニアになるためのおすすめの勉強法!

LAMP系エンジニア勉強方法

19999のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

勉強方法

プログラミング修得の基本は独学で

LAMPと一口に言っても、LAMPを構成するソフトウェア群はLinuxというOSを初め、いくつも異なるソフトウェアを含んでいます。特にLAMPの末尾にあるPには3つのプログラミング言語を同時に指しており、どれか1つだけとはいえプログラミング言語を特定し開発するために技術を習得することが要求されているのです。

これはプログラミング言語の殆どに言えることですが、開発言語の基本を学習するならまず独学から始めることが殆どです。プログラミングを一から教える専門学校などもいくつかできてきていますが、まだまだ十分ではなく、現状のプログラマーの殆どは自分で市販のテキストを購入して独学で基礎から身につけていった人が殆どなのです。LAMPのスキルを修得するならまずプログラミング言語の3つの内1つを独学で修得することが最初の第一歩となります。

データベースの勉強は実践

そしてプログラミング言語の基本を習得し、簡単なプログラミングの開発が可能になって空がデータベースシステムであるLAMP学習の本番となります。そしてデータベース構築の分野に入ってから画個人の独学が通用しなくなる分野でもあるのです。勿論、データベースの基本も独学で身につける事はできますが、データベース開発と管理で最も重要なのは、実際にデータベースを動作させて発生するエラーやトラブルを解決する能力です。

小規模のデータベースなら殆どエラーは発生しないのですが、規模が大企業では無く中小企業規模のレベルでも膨大なエラーが発生することが当たり前となります。エラーの少ないデータベースシステムを開発するならば、まず発生する可能性のあるエラーとトラブルを実践で体験することが大切であり、データベース管理のためにも実際に発生したエラーに対処するスキルを身につけることも必要不可欠なのです。LAMPのデータベースに関する学習はなによりもまず現場で実践を行なう事が最も有効な学習方法なのです。    

人に習うのでは無く自分から学び取る

これはプログラミングやLAMPエンジニアとしてだけでなく、大抵の開発現場で共通のことですが、わからないことが出てきても教えてもらうのを待つのでは無く、自分から積極的に質問して学ぶ姿勢が大切なのです。特にLAMPのようなデータベースの構築や管理に関わる技術は基本よりも応用が余りに膨大になり、とても一度で教わることの難しい複雑な分野なのです。
一度の受業で全てを理解するのでは無く、わからないことが発生して積極的に質問し学び取ることがLAMPエンジニアとして大成する最も重要な資質と言えます。

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

LAMP系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択