業務系エンジニアになるためのおすすめの勉強法!

業務系エンジニア勉強方法

20334のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

業務系エンジニア
求人・案件はこちら

勉強方法

プログラミングよりもコミュニケーション能力

業務系エンジニアとして重要なのはプログラミングスキルよりも、様々な人と接するための高いコミュニケーション能力です。業務内容を高度に効率化する質の良い業務用アプリケーションを開発するためには、実際に業務に従事する人たちの意見を参考にしなければなりません。

これは単にアンケートなどを採れば良いというものではなく、実際にその人達と接して、日ごろから感じている業務内容の不満や違和感などを聞き出すため、直接コミュニケーションをとるのが必須なのです。そのため業務系エンジニアの仕事に就くならば、必ず不特定多数の作業に従事する人たちとのコミュニケーションが必要となってきます。

一般的に亜プログラマーなどはこのコミュニケーション能力が低い傾向があり、いくらプログラミング技術が高くてもそうした人たちは業務系エンジニアになるのは難しいでしょう。プログラミング能力よりもコミュニケーション能力が重視される特殊な分野と言えます。

業務系として柔軟な発想力を高める

そして業務系エンジニアでコミュニケーション能力の次に重要となるのが柔軟な発想力です。実際に作業に従事する人たちの意見を集約しても、そこから作業を効率化する工夫を生み出さなくては意味がありません。単にプログラミングを上手く作れるだけではそのような工夫を一から考え出すことは難しく、プログラミング能力とは別に柔軟な発想力が要求されることとなります。

この発想力を鍛えるには、日ごろから様々なものをヒントに新しいことを考える習慣を身につけることが第一です。プログラミング能力ばかりを重視して、一日中キーボードとパソコンの前から離れないような人にはとても柔軟な発想力を鍛え上げることは難しいでしょう。

どれだけ効率化したかを確かめる姿勢

最後に業務系エンジニアとして大切なポイントが、完成した業務用アプリケーションによってどれだけ業務が効率化したかを、自分自身の目で確認するという姿勢です。一般的なプログラマーやシステムエンジニアは一旦開発が終われば、後はテスターやデバッカーにチェックを任せることが殆どなのですが、それでは業務系エンジニアは自分の仕事の結果を確認することを怠ることになります。

業務を効率化するために考えた工夫が、実際にどれだけ結果を出すかを確認する事で、その経験を次の仕事に活かせるようになるのです。業務系エンジニアとして大成するならば、完成したアプリケーションを最後まで確認するテスターやデバッカーとしての技術も習得しておくことが推奨されます。

業務系エンジニア
求人・案件はこちら

業務系エンジニアについて
詳しくみる

業務系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択