Java系エンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について

Java系エンジニア仕事内容

19764のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

仕事内容

Javaによるアプリケーション開発

Javaエンジニアとしての基本的な仕事内容は当然Javaというプログラミング言語を使用した様々なアプリケーションの開発です。Javaは初心者向けの言語としても知られ、比較的修得しやすい言語となっていますが、その機能は非常に幅広く、ありとあらゆる分野の開発に応用が利きます。およそJavaという言語で開発できないものは無いというくらいに高い汎用性があり、ネックとなるのは他言語と比較して処理速度が低くなりがちというぐらいなのです。

逆に言えば処理速度を気にしないならば、Javaで全てのアプリケーションを開発できるということでもあります。パソコン上で動作するアプリケーションだけで無く、ネット上で動作する動的なアプリケーションやコンテンツを開発することも可能であり、データベースと連携する機能も充実しているのです。

他言語のアプリをJavaに移行

Javaの特徴として習得しやすいだけでなく、他言語との共通する機能が多いということが挙げられます。つまり、その重なり合っている機能を入り口として、他言語で開発されたアプリをJavaに移行することが出来ると言うことなのです。なぜそのような他言語からの移行が必要かというと、Javaという言語はパソコンのプラットフォームに依存せずに動作する非常に珍しい特徴を併せ持っています。

プラットフォームを限定する他言語からJavaに移行することで、様々なプラットフォームや端末で動作するアプリケーションに生まれ変わらせることが可能となります。実際、このJavaプラットフォームは主にモバイル関連で利用されており、異なる機種のモバイルでも問題なく動作するのはこのJavaの恩恵なのです。

Javaの知識を他言語のプログラミングに活かす

前述したようにJavaは初心者向けの言語であり、Javaだけを学ぶだけで、他言語にある機能や概念の殆どを理解することに繋げられます。プログラマーとして最初にJavaを修得することで、その学習結果を他言語の習得に直ぐに活かすことができるのです。これがJava以外の言語から習得すると、異なる概念や不足する機能の知識などがネックとなり、他言語に苦手意識を持つことも充分に有り得ます。

Javaを入り口とすることで、より多くのプログラミング言語を習得しやすい下地を作り上げることが、様々な言語を扱うことが求められるプロのシステムエンジニアとして重要な最初の一歩となるのです。

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択