気になるJava系エンジニアの平均年収・給与に関して

Java系エンジニア平均年収

20337のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

平均年収

Java単独の技術では年収は低め

Javaは初心者向けのプログラミング言語として知られ、実際Java単独で習得しただけのプログラマーやシステムエンジニアなど年収はどうしても低めになってしまいます。しかしだからといってJavaというプログラミング言語の価値が無いというわけでは決してありません。確かにJava単独ならば活躍できる現場も少なく年収も低くなりますが、肝心なのはJavaを皮切りに新たな付加価値を追加することが重要なのです。

Javaだけを習得してそこで止まってしまうからこその低い評価であり、Javaを基礎として、Webアプリケーションの開発、もしくはモバイルコンテンツやアプリケーションの開発などのスキルを身につければ、それこそ引く手あまたの高年収待遇が期待できるようになれます。

Javaを土台に近似の他言語を習得

Javaが初心者向けとされるのは、最初にJavaを修得することで最新のプログラミング言語に共通する必須の概念や機能の殆どを修得でき、Javaを修得すればそれを土台として、機能の共通する近似の他言語を習得しやすくなるという多大なメリットがあるからなのです。良く勘違いされますが、Javaがひときわ習得しやすい簡単な言語では無く、必要な機能の殆どをフォローしている汎用性の高い学習素材として初心者向けとされていることに注意しましょう。

だからこそJava自体には年収を高くするような評価ポイントとはなりづらいのですが、Javaから多数のプログラミング言語の修得数を増やすことで、着実に年収アップを狙うことが可能となります。

多数のプログラミング言語を習得することで年収アップ

実際にプログラミングの開発プロジェクトに入ればわかりますが、プロジェクト一つ一つで使用するプログラミング言語が異なることは当たり前であり、トモすると1つのプロジェクトで複数のプログラミング言語を使用している場合も有り得ます。プログラマーやシステムエンジニアとして大成するには、できる限り多くのプログラミング言語を習得できる化にかかっているといっても過言ではありません。

しかし、現状でも実際にプロジェクトに導入されているプログラミング言語は数多く存在しており、ばらばらに習得してはとても全てを修得しきれるものではありません。そこで最初に修得することが推奨されるのがJavaであり、Javaを学ぶことで殆どの言語に必要な知識を身につける事につながり、将来の多言語プログラミング言語習得による高年収の足がかりとなるでしょう。

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

Java系エンジニアについて
詳しくみる

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択