Java系エンジニアの需要とは

Java系エンジニア需要について

21171のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

需要について

最も標準的なプログラミング言語として人気

Javaというプログラミング言語は、数あるプログラミング言語の中でも最も標準規格に近い言語として大きな人気を誇っています。だからこそ初心者が最初に学ぶプログラミング言語として推奨されているのです。ただ、ここで良く誤解されるのがJavaが標準的で人気が高い言語だからと、Javaだけで実際の開発現場に通用すると勘違いしてしまうことです。

確かにJavaは人気も高く、殆どのプログラマーやシステムエンジニアに必須の修得言語となっていますが、実際にJavaという言語のみの開発プロジェクトは非常に少なく、必ずと言って良いほどJava以外のプログラミング言語の習得が必要になる場合がほとんどなのです。人気は多角でも実は活用の場所が意外に少ないというのがJavaという言語だということを理解しておきましょう。

他言語でも通用する技術としてJava技術者・経験者を優遇

活躍する開発現場が少ないというのにJavaの人気が高いのは、Javaを修得することで身につく技術が、その他の主要なプログラム言語の殆どに応用が利くものとなるからです。Javaの言語に含まれた概念や機能を全て身につけていれば、ほんの短時間の研修で殆どのプログラミング言語を実用レベルで身につける事も可能となります。

だからこそ、多くの企業がJavaを習得した人材を優遇する傾向があり、Javaの人気の要因の1つとなっているのです。ただし、Javaだけを習得しただけでは通用せず、その後に研修か独学で他言語を習得する必要があることに注意が必要となるでしょう。

プログラマーとして「最も広き門」がJava

習得したプログラミング言語の種類や、プログラマーやシステムエンジニアとしての実績が無ければ実際にプログラミング技術を役立てるプロジェクトに参加することは難しいと言えるでしょう。そんな中で実績も無く初心者から開発プロジェクトに参加する1つの手段として有効となるのがJavaを習得しておくことなのです。

Javaをきちんと理解していることで、企業にプログラマーとしての能力を示すことができ、たとえ実績が無くても他言語を習得して開発ができる能力がある証明になるのです。初心者からプログラマーになる最初の足がかりとしたJavaは人気なのであり、プログラマーとなる可能性として最も広き門となるでしょう。勿論Javaだけで無くそこからさらに勉強は必要不可欠となります。

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

Java系エンジニアについて
詳しくみる

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択