Java系エンジニアの案件・求人情報、年収や将来性について

Java系エンジニアやりがい

19764のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

やりがい

修得人口の多いJavaだからこそ実力が試される

修得したプログラマー人口が多いJavaだからこそ、プログラミング言語の評価では無く純粋に実力が評価の対象となると考えることもできます。これは一般的なプログラマーやシステムエンジニアの募集で重要視されるのが習得している言語であり、条件に合致した言語を習得していれば、実際のプログラミングスキルなど二の次になりがちな現状において、非常に貴重な評価基準と言えるのです。勿論Javaも広く知られている有名なプログラム言語であり、修得していることが採用の大きなアドバンテージにあることも確かでしょう。

しかし、実はJava以外の特定のプログラミング言語を習得していた方がより優遇される傾向があり、Javaのみで採用されるには実際のプログラミングスキルや実績が必要となる場合がほとんどなのです。ある意味でそちらの方がやりがいを発揮しやすいとも考えることができます。

主要な概念や機能の殆どが詰め込まれた汎用言語

Javaは初心者向けのプログラミング言語として有名であり、玄人志向の人ほど敬遠しがちな言語とも言えます。しかしJavaには有名なプログラミング言語で腫瘍となる概念や機能が殆ど詰め込まれており、さらに次から次へと新しい概念を積極的に取り入れている、常にプログラミングの最先端を行く言語なのです。Javaを学習することは、Java以外の言語を習得することに大きく貢献することになるでしょう。
またJavaの汎用性は、他言語の開発で行き詰まったときの打開策として解決の糸口になる可能性も高く、だからこそ初心者に必須のプログラミング言語に指定されているのです。

Javaを基礎として広がる可能性

Java単独では活躍する開発現場も少ないため、Java修得にやりがいを感じられないという人も多く存在します。しかしそれは非常に短絡的な考え方であり、Javaを修得することは活躍の場よりもより大きなメリットを手に入れるために必要なことなのです。Javaには前述したように主要な概念や機能が殆ど詰め込まれており他言語を修得するための足がかりとして非常に役立ち、それ以外にもサーブレットやJSPなどのWebアプリケーションの概念の理解、更にはデータベースとの連結など、Javaを通じて学べることはいくらでも存在します。

Javaは汎用性が高くするため処理速度を犠牲にしている側面があり、実際に実用されている現場が少ないのですが、それでもJavaを基礎として修得することでより多くの可能性を切り開くきっかけとなってくれるのです。

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択