Java系エンジニアになるためのおすすめの勉強法!

Java系エンジニア勉強方法

21165のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

勉強方法

最初は初めてのJavaで独学

Javaはプログラマーの最初の教材としての側面が強いプログラミング言語であり、書店などのプログラミング開発のコーナーでは初めてのJavaなど初心者向けの教材が必ずと言って良いほど豊富に取りそろえてあります。更にはJavaを皮切りに、Javaから他言語習得に繋げる教材も揃えられており、Javaを初めとして様々な言語を習得するための教材に不足することはまずありません。

プログラミングを修得するための専門学校などの教育施設は徐々に増えてきていますが、まだ充分とは言えない現状において、独学でプログラマーになるしか無い人たちの場合は、独学の教材として初めにJavaを選ぶのが定番となっています。勿論それだけJavaが初心者向けの教材として推奨されているのにはきちんとした理由が存在するのです。

重要なのはJavaの基礎

Javaが初心者が初めて習得するプログラミング言語として強く推奨されているのは、Javaの基礎の充実さが要因です。Javaの基礎を修得することで、最新のプログラミング言語で必須のオブジェクト指向について理解することに繋がり、それ以外にもJSPやサーブレットによる動的なWebページ、Webアプリケーションの開発、そしてデータベース機能との連結なども修得することができ、これだけで通常のアプリケーション開発だけで無く、Webアプリの開発まで応用できる知識が身につけられることになります。

Javaにはそれ以外の細かい機能が豊富に取りそろえられていますが、主要な基礎だけでも、非常に応用性が高い役立つ知識が身につき、Java以外のプログラミング言語で開発しているプロジェクトでも通用する知識とスキルを身につけるために最適な教材となるのです。

Javaの応用は実践で学ぶ

重要なのはJavaの基礎と述べましたが、勿論Javaの応用によってJavaの可能性はさらに広げる事ができます。ただし、Javaの応用に関しては基礎とは異なり極端に教材としての価値は低くなってしまうのが実情です。それというのも応用が必要となるより専門的な開発の現場では、Javaは汎用性が高くてもその処理速度に難があり、実用性を重視するとどうしても他言語の方が有利となってしまうのです。

そのためJavaの応用に関してはJava自体を教材とするよりも、他言語の開発の実践で学び、身についた応用技術をJavaの汎用性を基軸にしてJavaに文字通り応用するというプロセスが必要となります。

 

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

Java系エンジニアについて
詳しくみる

Java系エンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択