気になるスマホアプリ開発の平均年収・給与に関して

スマホアプリ開発平均年収

19983のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

スマホアプリ開発
求人・案件はこちら

平均年収

ネイティブアプリの広がり次第で年収も拡大

ネイティブアプリの開発における年収は非常に幅広く、開発に規模によって激しく上下するため、一般的な年収相場は殆ど当てはまりません。ただ、はっきりとしているのが、ネイティブアプリを企業に勤めて開発する場合と、個人や団体で開発してネット上で有料配布する場合では、年収の形態が全く異なるケースとなるということです。

企業が開発したネイティブアプリはDVDなどの記録媒体で市販されることが殆どですが、最近ではネット上でダウンロード販売するようになっており、その境目が曖昧になってきていますが、有料配布のネイティブアプリは場合によっては企業に勤める年収とは比較にならないほど高い年収を得ている場合もあるのです。これは技術がどうこうといよりも、ほぼ宝くじに当たるような感覚なのですが、一攫千金を狙う場合は、個人やグループでネイティブアプリを開発に挑戦するのも1つの選択肢でしょう。

より多くの人が使用するネイティブアプリ

確実性はありませんが、より高い年収を狙うために、個人か有志のグループでアプリケーション開発に挑戦するという選択肢が、アプリ開発においては存在します。確実ではありませんが、ネットでのアプリの有料配布によって高額な年収を獲得する可能性が少なからず存在することも事実です。

その可能性を少しでも高くするためのポイントは、シンプルイズベストで多くの人が理解しやすい便利さと使いやすさを追求したアプリケーションにする開発方針にすると言うことでしょうか。ネットでの有料配布は、使用者数がそのまま年収に直結します。高度でもわかりにくい機能では無く、簡単でもわかりやすく使いやすいアプリの方が結果的にもうけが大きくなるのです。

企業が使用する専用のネイティブアプリ

また企業が市販したりネット上で有料配布するのではなく、特定の企業のみで使用する専用のネイティブアプリを開発するという選択肢もあります。これはある意味、その企業の専属になると言うことでもあり、収入の安定感は他の選択肢とは比べものにならないでしょう。ただし、年収の規模は、専属となった企業の規模に大きく左右されることになり、必ず高額な年収というわけにはなりません。

ただし、企業のみで使用する独自のネイティブアプリを、社員で共有することはセキュリティの観点からも非常に有益なものであり、より質の高い専用アプリを開発することで、年収の底上げは十分可能でしょう。

スマホアプリ開発
求人・案件はこちら

スマホアプリ開発
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択