システムエンジニア(SE)の需要とは

システムエンジニア(SE)需要について

20266のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

需要について

システムエンジニア(SE)の需要はここのところ増加傾向にあり、様々な業種で案件数が増えてきていますので、景気悪化等の影響から仕事を選びにくいとか、転職したいけど活動をしても時間の無駄かもしれない、等と冷めた感情を抱いているエンジニアさんが多いようですが、逆に前向きに考えるのが正解と言えます。

経験別需要

やはり経験年数が多いシステムエンジニア(SE)ほど需要は高くなります。具体的には10年以上の実務経験があればベストですが、3~5年程度の場合でもまだまだ需要は豊富です。では未経験の方はどうかというと、中途採用や転職者向けの即戦力案件が約8割以上を占めていますので、未経験の方は得意な分野を絞って探したり、エージェントに相談しながら探すなどの工夫が大事と言えます。

分野別需要

様々なシステム分野がある中で、業務系システムの開発・保守・改修や、インフラ系の運用・保守・監視、セキュリティ設計・運用等の分野が最も需要が高いようです。新しいシステム導入プロジェクトの案件も増えています。

業務系システムエンジニア(SE)の需要が高い理由は、どこの企業でも情報システムの重要性が増していることや、より高いレベルのセキュリティシステムやユーザビリティを持つシステムの需要が増えていること等があげられます。またインフラ系やセキュリティ系については、システムの可用性をもっと高めたいとか、もっと安全で柔軟性のあるシステムを維持したい、等と考える企業が増えています。

その他、スマートフォンアプリ開発や品質テスト・デバッグ等の業務をメインとするシステムエンジニア(SE)の需要も少なからず増えているようです。スマホやタブレットを業務に活かすためのシステム作りがどんどん盛んになっています。また開発されたプログラムのデバッグやインターフェース改善等のために専門部隊を立ち上げる企業も増えています。

業種別需要

金融機関や流通、生保や製造業、メーカー等の業種で新規事業立上げや生産性アップ、システムの効率化等を目的としたシステム再構築が続いていますので、この業種でシステムエンジニア(SE)の需要が著しく伸びています。銀行系は預金のシステムやカード系の決済システム、生保は基礎的な保険業務の知識や商品開拓、流通系は商品・在庫管理システムなど、それぞれの業種の業務知識が深い方であればまず間違いなく仕事供給市場と言えます。

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

システムエンジニア(SE)について
詳しくみる

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択