スマホアプリ開発になるためのおすすめの勉強法!

スマホアプリ開発勉強方法

19999のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

スマホアプリ開発
求人・案件はこちら

勉強方法

まずは基本のJavaから修得

ネイティブアプリの開発では選択肢となるプログラミング言語は非常に多く見受けられますが、完全な初心者からプログラミングを始めるならば、最初はJavaから始めるのが定番でしょう。Javaの基礎は殆どのプログラミング言語で通用する基礎となり、それらの言語を習得しプログラミングの幅を広げるきっかけとなり得る有益な初心者向けの言語となっています。

さらには、モバイルなどのネイティブアプリを開発する上でもJavaは非常に応用が利く言語として活躍するでしょう。たとえばモバイルのOSとして高い人気を誇るオープンソースのAndroidアプリはJavaが基礎となっており、Javaの文法を理解していれば、直ぐにでも開発に取りかかることができるようになるのです。

JavaのJavaプラットフォームからクロスプラットフォームへ

Androidなどモバイル用のOSに対応するネイティブアプリにJavaが応用できるのは、JavaプラットフォームというOSに影響されないクロスプラットフォームな動作環境があるからと言えます。モバイルはそのサイズを実現するために機能を限定され、限定された機能を補う為に専用のプラットフォームが用意されています。そのため、モバイルはメーカーや機種によって多彩なOSがそれぞれに採用されることになり、OS間の互換性が大きな問題点となっているのです。

その後感性の問題を一気に解決するためにJavaプラットフォームが注目されることになりました。Javaプラットフォームを発展させどんなモバイルでも動作するクロスプラットフォームを備えたネイティブアプリは非常に高い汎用性を持ち、どんなOSでも問題なく動作が保証されるようになっています。

パソコン上で各種端末をエミュレートする方法

そんなモバイル上で動作するネイティブアプリですが、その開発は機能が限定されたモバイル端末では無く、処理速度やスペックが充実したパソコン上で行われるのが一般的です。その場合必要となる開発環境として、パソコン上で様々なスペックの異なるモバイルでのソフトウェアの動作を確認するためのモバイルエミュレーターが必要不可欠となります。

パソコンでのモバイルネイティブアプリを開発するなら、必ずモバイルのエミュレーターを入手し、その扱い方を習得していることが必須となります。このエミュレーターの性能によっては、わざわざ対象となるモバイル端末を用意すること無く全てパソコン上でネイティブアプリ開発を済ませることが可能となるのです。

スマホアプリ開発
求人・案件はこちら

スマホアプリ開発
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択