テスター・デバッガーになるためのおすすめの勉強法!

テスター・デバッガー勉強方法

21917のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

テスター・デバッガー
求人・案件はこちら

勉強方法

まず必要なのは素早くメモする習慣

プログラムのミスやバグを見付けるテスターやデバッガーとなると、プログラミングの基礎的な知識は必要と思うかもしれませんが、実際には必須ではありません。ただし、プログラミングは不要でも、テストやデバッグの結果を素早くメモするまじめさがなによりも重要視されることになります。

そもそもテスターやデバッガーがテストとデバッグを行うのも、プログラムの問題点をプログラマーやシステムエンジニアに伝えることが目的であり、一つでもバグやミスを見付けて報告するためのレポートを作成するまでが仕事の内なのです。ここでレポートも作成せず、見付けたバグを口頭で伝えるなどといういい加減なやり方をしてしまえば、せっかく見付けたのに伝わらず、修正もされないバグが膨大な量残してしまうことになりかねません。

どんな操作を行ったか逐一記録する細やかさ

テスターにしろデバッガーにしろ、単純な操作の繰り返しであり、途中から意識がもうろうとしてしまうことは珍しくもありません。そんなテスターとデバッガーとして重要な資質として、いかに単純作業の繰り返しで意識がもうろうとしても、どんな操作を行ったか正確に把握し、その結果を必ず記録に残すだけの集中力を維持する細やかさが求められます。
プログラミングなど特殊なスキルを要求されないだけ、記憶力や集中力などが能力が問われる業務内容となっているのです。

ほぼ一日中同じゲームやアプリを操作し続ける根気強さ

そしてゲームに限らずテスターやデバッガーの業務は、朝から晩まで、勤務時間中同じゲームかアプリをひたすら操作し、その結果を記録する作業を延々と続けることのみが勤務内容となります。いかに操作が単純なものでも、それを長時間継続することは拷問にも等しい疲労を感じさせる苛酷なものとなるはずです。そんな苛酷なテストとでバッグを最後までやり遂げるには根気強さも勿論必須ですが、それだけで無くテスターやデバッガーに対する何らかのこだわりも要求されることになります。

たとえば対象となるアプリやゲームに特別な思い入れがあるなど、動機をより明確にすることで、苛酷な長時間の単純作業をやり遂げる原動力とすることが期待できるのです。テスターやデバッガーとして、指示されたとおりの操作をして、正確に記録するという業務内容以外に勉強することもほとんどないのですが、最後は多大なストレスと体力勝負になる業務であるため、それに対抗するために独自にやりがいを見付け、最後まで根気強く仕事を続けられる動機を強化することが推奨されます。

テスター・デバッガー
求人・案件はこちら

テスター・デバッガーについて
詳しくみる

テスター・デバッガー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択