今後のシステムエンジニア(SE)の将来性に関して

システムエンジニア(SE)今後・将来性

21242のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

今後・将来性

IT社会が成熟し、どこの企業でもコンピュータネットワーク無しでは仕事が成り立たなくなっている今、システムエンジニア(SE)の必要性はどんどん増してきています。またスマートフォンが普及したことで、大手企業を中心に新規の開発プロジェクトも増え、WindowsやLinuxに加え、iOSやAndroid、Windows Phoneといった新しいプラットフォーム市場が確実に成長しています。このようなことから、システムエンジニアの将来性は汎用機やオフコンがメインだった時代よりも安定しつつあると言えます。

採用チャンスの増加

システムエンジニア(SE)の数はかなり不足していますので、未経験の方にも大きなチャンスです。数年前までは中途採用がメインでしたが、新卒や第二新卒での募集も増えています。セキュリティエンジニアやERP系コンサルタント、スマホ・WEB系エンジニア等のスペシャリストを目指すエンジニアさんが増え、中堅レベルのシステムエンジニア(SE)のポジションの空きも増えてきています。

キャリアアップの可能性

システムエンジニア(SE)の将来性はスペシャリストやマネージメント職にキャリアアップできるか否かにかかっている、という考え方がありますが、実際にネットワークやデータベースエンジニアになったり、プロジェクトマネージャーになる確率は5割程度と言われています。また最近は事業を起こしてソフト開発を専門に扱ったり、フリーランスへ転向してキャリアの幅を広げる等、独立を目指す方が増えています。

努力次第で将来性はアップする

このようなことからシステムエンジニア(SE)は仕事に就きやすく、将来性が安定していて職種だと言えますが、エンジニアとして現状を維持できればいい、という考えだけでは将来得ることができるものはかなり少ないと言えます。またプログラミングや設計手法などのテクニカルスキルに加え、リーダーシップを発揮できるスキルや、営業・コスト等に関するビジネス的なスキルも今後重要視されてきますので、テクニカルスキルだけでは40~50代になって生き残れない、と考えておくのがベストとも言えます。

年収が高いシステムエンジニア(SE)ほど将来性も高いと言えますが、そのためにはスキルアップのマインドを常に維持しなければなりません。目先の報酬額だけで仕事を選ぶのではなく、そこで何を得ることができるかをもっとも大事にすべきと言えます。

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

システムエンジニア(SE)について
詳しくみる

システムエンジニア(SE)
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択