インフラエンジニアのやりがいとは

インフラエンジニアやりがい

21465のフリーランスエンジニア案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

インフラエンジニア
求人・案件はこちら

やりがい

通信インフラに精通するプロフェッシュナルに

インフラエンジニアは、一旦通信インフラの整備が終了すれば後は通信インフラを監視する以外の目立った業務も無くなり、平時の際にはただ存在するだけの部署になってしまう立ち位置にあります。しかし、だからといって決してムダな部署とはなりません。
他に業務が無いのはその時間を使って通信インフラに関する知識を深め、本当に意味で通信インフラに精通したプロフェッショナルになるために学習時間を与えているようなものなのです。

勤務時間中インフラに関する新しい勉強に取り組める

通信インフラを監視する通常業務も、実際にトラブルが起こらなければ至って退屈な時間が経過するだけとなります。もちろん監視も大事ですが、そうした無駄となる時間を少しでも有効活用するためにも、インフラエンジニアとしてより深く通信インフラを理解する学習時間に充てることが推奨されるのです。

そして、通信インフラを管理するインフラエンジニアに最も必要性の高い知識こそが、有事の際の通信トラブルに対する解決策、これまでのトラブルの事例からその解決方法をあらかじめ予習しておくことで、実際のトラブルを迅速に解決するための準備を進めておくことで、余裕のある通常業務を有効に活用することとなります。

トラブルの際に頼られる満足感

そうやってトラブルの予習を完璧にしておき、実際にトラブルが発生した有事の際に迅速な対応ができれば、周囲から頼られるインフラエンジニアとしての充実感が得られるでしょう。ただし満足感が得られたからと、そこで努力を途絶えさせてはいけません。通信インフラで繋がっているインターネットの状況は刻一刻と常に変化し続けており、従来の対処法がいつまでも通用する保証は無く、常に新しい知識を仕入れ続け、道のトラブルに対しても対策を怠らないようにすることがインフラエンジニアとして重要な役割の一つなのです。

同僚にも上司にも、企業からも頼られる本当に意味で信頼されるインフラエンジニアとなるために欠かせないのがそうした日ごろの努力であり、想定されるトラブルの全ての対処法は事前に予習し、実際にトラブルをスピーディに解決し続けることで、信頼も維持でき、同時に企業の業務も問題なく継続させることができます。一見トラブルが発生しなければ暇なだけの業務に見えるインフラエンジニアですが、その責任は非常に重く、大きな信頼に応え続けることがやりがいに繋がるハイリスクハイリターンな業種なのです。

インフラエンジニア
求人・案件はこちら

インフラエンジニアについて
詳しくみる

インフラエンジニア
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択