Webディレクターの案件・求人情報、年収や将来性について

Webディレクター仕事内容

623のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webディレクター
求人・案件はこちら

仕事内容

Webディレクターの主な仕事は、サイト制作にあたっての進行、現場の管理となります。
プロデューサーと重複するところもあるのですが、プロデューサーの場合、最初の仕事の受注、制作費用の管理や最終的な納品の管理などが主な仕事です。
Webディレクターの場合、クライアント(顧客)がどのようなサイトを制作したいのか、希望を的確に把握し、最終的なサイト完成に至るまで、スタッフをまとめて管理しながら進行を進めていきます。

Webディレクターはやることがいっぱい

具体的な仕事と言っても、制作会社によって多少異なりますが、まず初めに営業マンが仕事をとってきた後、担当の営業マンとともにクライアントのところへ行き、どのようなサイトを制作したいのか、サイトの内容、ページ構成などを詳しく打ち合わせします。
クライアントの要望を把握し、提案書、サイト見本などを持参して最終的に要望をまとめ、制作にかかります。
制作の段階でも、必要に応じて写真の撮影や文章を作成するための取材などを行ったりもします。
そして、デザイナーと打ち合わせしてデザインをまとめ、HTML・CSSコーディング等専門的なプログラミングによるリソースの管理なども行いながら、具体的に制作を進めていきます。

Webディレクターは、完成後のアドバイスまでも行ったりします。

ある程度サイトが出来上がってくると、またクライアントのところへ行って見てもらい、要望に応じたものとなっているか、修正個所がないか打ち合わせを行い、必要に応じて修正などを行います。
最終的にサイトが完成した後も、アクセス解析やサイト運用にあたっての注意事項などもクライアントに提案を行ったりします。
こうしてみると、Webディレクターはやることが数多いことがわかりますね。

Webディレクターは大変そうでもやりがいがある仕事

Webディレクターには、営業マン的にクライアントの要望をうまく聞き入れ、またアドバイスも行うマーケッター的な要素も必要となります。
同時に、納期に間に合うよう、制作工程の管理能力も必要です。
さらに、SEO対策、フレームワーク、プログラミングなど、専門的な知識もある程度必要となります。
プログラマーの場合、一人部屋にこもって仕事する姿をイメージしますが、Webディレクターは複数の人たちをまとめるコミュニケーション能力も求められます。
なかなか大変そうですが、だからこそ、サイトが完成した後もかなりの達成感が味わえるかもしれませんね。

Webディレクター
求人・案件はこちら

Webディレクター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択