気になるWebディレクターの平均年収・給与に関して

Webディレクター平均年収

668のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webディレクター
求人・案件はこちら

平均年収

Webディレクターはどれくらいの収入があるのでしょうか?
やはりまだ比較的新しい仕事だけに、かなりの開きがあるのが実情です。年収として、平均的に見ても400万~700万と少し開きがあります。大体一般的な管理職よりはやや少ないくらいですが、年代的には30代と若い人が多く、年齢との比較で見れば高めの年収です。また、他の業種と比べれば安定しています。
ただ、制作のすべての工程を管理する仕事だけに、仕事時間はかなり長くなりがちで、連日終電車ギリギリ、というのも珍しくありません。
仕事時間に比べれば収入は少なめ、というケースも決して少なくないのですが、まだまだこれから重要が高まるだけに、収入面では今後期待できる仕事なのは間違いありません。

Webディレクターの年収は年々アップの傾向

Webディレクターの年収は、クリエイティブ系の仕事の中では高めで、しかも、他のクリエイティブ系の仕事と比べても、年収は年々高まる傾向です。
最近はSNSに対する関心が高まっていて、企業でもSNSを手掛けるところが増えていますが、こうした企業ではWebディレクターに対するニースが高まり、積極的に好条件で採用するところも増えています。

Webディレクターの年代別の年収は?

Webディレクターの中には、年収で1千万円を超える人もいます。
年代別に見て、20代の人の平均年収は300~400万円で、他の業種に比べればかなりの高めです。
ただ、20代でこれくらいの年収を得るには、やはりそれなりの、かなりのスキルを持った人、ということになります。
30代で見ると、450~500万円くらいが平均年収で、これも、同年代の他の業種に比べれば高めとなっています。

Webディレクターは頑張り次第でさらに年収アップ

ただ、40代となると500万円台となり、50代でも600万円台で、年代が進むにつれ、他の業種並みか、少し低めとなります。
こうして見ると、Webディレクターはやはり若い年代の人たちが活躍する場であり、頑張り次第でさらに年収アップの可能性もあります。
会社の売上向上に貢献すれば、多額のボーナスを得ることも可能となります。
40代で年収900万以上の人もいますし、50代で1000万以上の収入がある人もいるのです。
また、若いうちに頑張って20~30代のうちに会社を設立すれば、将来的にさらに多額の収入を得ることも可能です。
Webデザイナーは将来へ向けての一つのステップでもあるのです。

Webディレクター
求人・案件はこちら

Webディレクター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択