Webディレクターのやりがいとは

Webディレクターやりがい

642のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webディレクター
求人・案件はこちら

やりがい

Webディレクターは、どのようなところにやりがいがあるのでしょうか?
Webディレクターは、クライアントの要望に応えられるよう、質の高いサイトを提供しなければいけません。それには、画像、映像の撮影や取材にも積極的に関わる必要があります。Webディレクターはスタッフの人選や、コンテンツの構成、工程管理なども一任される場合が多く、すべての工程にかかわる仕事なのです。

より実感を得るために

それだけに、仕事の量も多く、長時間にわたって仕事しなければいけないこともあるのですが、出来上がったサイトは、自分が作ったものという実感が大きいものです。クライアントとの折衝を重ね、出来上がったサイトに満足してもらえると、喜びも大きく、こうしたところが、やりがいがあるものです。クライアント、制作スタッフとともにサイト制作を進め、次第に出来上がっていく過程で自分の方向性が具体化していくのは楽しいものでもあります。

Webディレクターは人間的にも魅力的な仕事

いざサイトが出来上がると、達成感というものを感じるのは、やはりWebデザイナーかもしれません。それに比べれば、Webディレクターの場合、達成感は薄いのでは?と思うかもしれません。ただ、Webディレクターはクライアントとの直接的な打ち合わせを行い、最終的な納品までも行います。それだけに、クライアントの感謝の声も直接聞くことになり、ありがとうございました、また次回も頼みますね、などという声を聞くと、満足のいく仕事ができた実感が得られます。

Webディレクターは、デザイナーやプログラマーと違い、よりクライアントとの人間的な触れ合いも実感できるものです。Webディレクターの仕事は、IT関連でも、比較的人間的な魅力が大きい仕事でもあるのです。それだけに、Webディレクターは人間性も重要となるわけです。

Webディレクターは他の分野でも活躍の場が

WebディレクターはIT関連の専門知識が欠かせませんが、それ以上に、クライアントの要望を制作の現場に伝えるコミュニケーション能力や、納期を守る工程管理の能力も重要となります。また、サイトを通した売上アップを目指すため、マーケティングの能力も求められます。こうした能力は、他の業種でも重視されます。

Webディレクターとしてコミュニケーションやマーケティングのスキルをアップさせれば、将来的には他の分野でも活用ができます。様々な分野で重宝されるスキルアップを目指せるのも、Webディレクターのやりがいの一つなのです。

Webディレクター
求人・案件はこちら

Webディレクターについて
詳しくみる

Webディレクター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択