Webディレクターになるためのおすすめの勉強法!

Webディレクター勉強方法

631のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webディレクター
求人・案件はこちら

勉強方法

Webディレクターになるための勉強法と言っても、座学などで勉強するのはなかなか難しいものです。一般的に、デザイナーなどのサイト作成の仕事に携わりながら、Webディレクターにステップアップすることになります。また、Webディレクターは制作の管理の仕事でもあるので、新聞・雑誌の編集者を経験してからWebディレクターになるケースもあります。
Webディレクターは、プログラミングなどの専門知識も必要ですが、こうした知識は書籍などでもある程度勉強できます。ただ、クライアントに対する提案、企画力などは、実際に営業などの仕事を経験しながら現場で身につけるしかありません。これ以外、営業マンを対象としたビジネス講座などでも勉強することになります。

Webディレクターで一番必要なものは?

Webディレクターは限られた予算の中で納期を守りながらクライアントの要望に応えたサイトを作成しなければいけません。このため、まずはサイト作成に、どれくらいの期間がかかるか把握する必要があります。そこで、まずはスケジュール管理の能力を身につけることです。

また、クライアントに対してパワーポイントなどを使いながら具体的に提案を行える、企画力も大事となります。こうしたスキルを身につけるには、やはり現場で覚えるしかありません。デザイナーなどでも、将来Webディレクターを目指すなら、積極的に営業マンと一緒にクライアントに赴き、企画、提案のノウハウを実践で覚えることです。また、企画会議などにも積極的に参加し、自分の意見をまとめ、的確に提案を行えるようにします。

Webディレクターになるための基本

質の高いサイトを作り上げるには、プランニング、デザイン、コンテンツ制作、プログラミング、HTML・CSSコーディング等、幅広い専門知識が必要になります。
ただ、Webディレクターの場合、直接制作の工程に携わるわけではありません。各部門の専門知識があるに越したことはありませんが、一応は基本的な知識だけは身につけておくことです。

Webディレクターが勉強すべきことは

Webディレクターの仕事で大事なのは、一連の制作の流れを把握することです。また初めの段階での企画書の作成や、プレゼンの知識を把握するのも大事です。具体的に、メーカーが自社商品のPRのためのサイトを作成したい場合、どのように提案を行い、制作を進めるか、架空のサイトを実際に作ってみるなどの練習をするのもよいことです。

これ以外、クライアントに企画書を提出する際、できるだけわかりやすい文章で構成しなければいけません。
このため、文章力を高めるのも必要となります。

Webディレクター
求人・案件はこちら

Webディレクターについて
詳しくみる

Webディレクター
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択