Webデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性について

Webデザイナー平均年収

623のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webデザイナー
求人・案件はこちら

平均年収

Webデザイナーの年収は、平均的に見て360万円、月給にすれば30万円くらいですが、やはりスキルによって差があります。Webデザイナーでも、アクセス解析やSEO対策まで出来れば360万円くらいの年収になりますが、HTML、CSSのタグを作成するだけならもう少し年収は下がることになり、月給にすれば20万円台となります。
年代別に見れば、Webデザイナーは若い人が中心で、20代で300万円、30代で350万円くらいとなります。ただ単にデザインするだけでなく、より質の高いサイトを提案できたり、JavaScriptやFlashなど便利なツールを提供できたりして、クライアントからも高く評価されるようになれば、400~500万円の年収も可能となります。

Webデザイナーの年収をさらにアップさせるには

Webデザイナーでも、質の高いサイトを提供でき、クライアントからも評価されれば、会社との交渉次第で、さらに給料を上げてもらうことができます。
将来的にも、トータルな制作過程を管理するディレクターを目指したり、より専門的なプログラミングなどもこなせるようになれば、さらに年収アップが見込めます。また、ある程度スキルが身につけば独立して、広告代理店などから仕事をとる人も結構多いのですが、独立してからも安定した仕事を得るには、前もって人脈づくりが大切となります。

UIデザイナーの年収は?

UIデザイナーの年収になると、まだ一つの仕事として確立されてなく、定義も曖昧なため、はっきりとした統計を取るのは難しいのですが、370万円くらいと、Webデザイナーと同じくらいの所得となります。ただ、まだまだこれから重要が高まる職種だけに、将来的には年収400万円以上となり、1千万円以上も可能になる、という見方もあります。

UIデザイナーの今後の年収アップに向けて

サイト制作には、今後さらに質の高いものが求められるようになりますが、スマートフォンの分野でも、スマートフォンの急速な普及に伴い、様々なデザインのアプリが登場しています。UIデザイナーでも、スマートフォン専用のフレームワークなどのスキルを高めると同時に、デザインだけでなくマーケティングなどのスキルを身につければ、さらに多額の年収が得られるようになるはずです。企業でもUIデザイナーの求人が増えていますが、スキルがしっかり身についていることをアピールできれば、好条件で受け入れてくれます。

Webデザイナー
求人・案件はこちら

Webデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択