Webデザイナーの案件・求人情報、年収や将来性について

Webデザイナー需要について

623のフリーランスWEBデザイナー・クリエイター案件掲載!

A-STARって何?メリットは?

Webデザイナー
求人・案件はこちら

需要について

Web業界はまだまだ将来性があると見られています。今や、企業が投資する広告費の割合は、ネット広告がテレビ広告に次いで2位となっています。いずれはネット広告費がテレビを追い抜く可能性も高いものです。このため、Webデザイナーの需要も、ますます高まるのは間違いありません。

Webデザイナーの需要に応えるために

ただ、需要が高まると同時に、ネット業界の技術も日進月歩で向上して行きます。このためWebデザイナーも取り残されないよう、絶えずスキルアップを目指さなければいけません。さらに、技術的な面だけでなく、今後はネットの利用者は若者が中心となるだけに、若者の嗜好に応えられるような、柔軟な発想なども求められるようになります。ますます需要が高まるWebデザイナーですが、将来的には、スキルのアップと同時に、常に好奇心を持ち、様々な情報収集を心がける努力も必要となります。

UIデザイナーの需要は

スマホアプリは年々数多くの新しいものが登場しています。こうしたことから、UIデザイナーも需要は年々高まり、特に海外での需要が高まっています。Webデザイナーと比べ、UIデザイナーの場合、単に見た目で美しいサイトを作成するだけでなく、一般ユーザーの立場に立った、より使いやすいサービスの設計まで求められるようになります。いかに使い勝手の良いものを作るか、というニーズに応えることが、今後の需要の高まりに対応できることになります。

サイト制作を行っている企業でも、スマートフォンアプリの制作需要の高まりに対し、UIデザイナーの人材が不足しているところが増えています。もともとグラフィックデザイナーであった人でも、改めてスマートフォンアプリのデザインを外注する、というケースもあり、同じデザイナーといえど、実際のデザイナー同士では大きな違いをしっかり認識しています。

UIデザイナーに求められるものは

UIデザイナーは、HTML CSS コーディングの経験、知識は必要不可欠であり、さらにJavaScript、Flashなどによるモーショングラフィックも制作できることが求められます。「より使いやすいインターフェース」が「動くこと」と判断したものであれば、どんなロジック/プログラムで、どういった表現を行うかも考えていく必要があります。単純に考えると、プログラミングの領域なのでエンジニアに依頼したいところではあります。

しかし、エンジニアに「細かな動きをデザインしてもらう」のはあまり建設的ではありません。また、デザインのためのプログラミングを経験することも、そんなに多いわけではないため、UIに関するプログラミング能力は、UIデザイナーが持つべきとされています。

Webデザイナー
求人・案件はこちら

Webデザイナー
求人・案件はこちら

案件を探す

検索条件を選択